2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
🌼お知らせです🌼
2014/07/17(Thu)
この度、私が受けているセションルーム「あなここ」から

待望の不登校本を出版いたしました~パチパチ~

   『わが子が不登校になった日』です。

現在、不登校や引きこもりのお子様をお持ちの親御様、
子育てにお悩みの方、アダルトチルドレン、依存症、機能不全家庭、DV・・・etc
人とのコミュニケーションの中で違和感や生きづらさやを感じておられる方に
是非、読んで欲しいです。

本の内容は、子どもが引きこもり、不登校のなるまでのプロセスや実際にあなここで
カウンセリングを受けているクライアントさんの現場の声と現状なども書かれています。

http://blog.anacoco.jp/blog-entry-248.html

絶賛発売中

あなここ本

本のご注文は、お近くの書店か、7月末からはAmazonでネット注文も可能です^^

タイトル:「わが子が不登校になった日」
著者名:柊 りん
出版社:木星舎
価格:¥1800+消費税
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
🌸卒業します🌸
2014/05/31(Sat)
今朝 卒業証書届きました

やっと・・・卒業の日。
この歳でもらえるとは(≧▽≦;)

4年と少々。。。色んなことがありました。
きんたろうさん、りんりんさんとの出会いから
メンバーさんたちの出会いと別れもありました。

今、こうして私が卒業できるのは、私の”諦めない心”。。。もありきだけど
そんなメンバーさんとのとの出会い、ずっと見ていてくてた人たちの大きな存在。

肌で感じたのはいつだっただろう・・・
感じることができたその時から私は変われたきがする。


圧縮卒業 <br />


これからインターン生として、まだまだ私自身の変化を楽しみに
そしてメンバーさんの架け橋になれたらと思います。

ここまで見守り、支えてくれたきんたろうさん、りんりんさん ありがとう。
これからも よろしく~を込めて。。。


この記事のURL | 私事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コンプレックスと核
2014/03/03(Mon)
先日のセッションでコンプレックスの話がでたので振り返りとして
少し書きとめておこうと思います。


たぶん、ほとんどの方が多なかれ少なかれコンプレックスを
持っていることと思います。
人によってコンプレックスの持ち方に
”浅さ深さ”があり言葉の表現として私的にはフィット感あります。
また、浅い深いに比例して外面・内面として現れるのではないかと感じます。


内面を例えて、分かりやすいとこで自分の容姿だったり
人に見られたくない、知られたくない事、触れられたくない事柄などなど・・・
内面にある自から作り出すコンプレックス。
その内面の裏側にひっついてくる外面を例に挙げるとするなら
相手からどう思われているか、相手からの評価、相手との違い、相手との比較
など、相手(外面)を意識してしまうことで自ら生み出す劣等感(負の思考)
を人との会話の中で起きているのではないかと思います。

もしかすると”負の思考”事態も自身のコンプレックスにしてしまう可能性も
ありうるような感じもします。
なので”コンプレックスは自虐の第一歩”
まるで、赤信号、みんなで渡れば怖くないぐらいのような・・・


私もかつて貧乏だったこと、ボロ家、学力・・・親が離婚したことが
コンプレックスだったということをセッションで知ることができました。

あ、あとペチャパイちうことも~笑( *´艸`)例えが昭和チックだが
反対にデカパイの方もコンプレックスを持つ方もいらっしゃるやもしれませんね。
まぁ、私からしてみると「大きくて服が入らないのよね~
「肩が凝るわ~」などと言ってみたい。。。(ーー゛)
経験したことないんで羨ましいッス(≧▽≦)

この部分は、どなたかに?!に自虐ネタで毎回のように
”ペチャパイをみんなで言えば怖くない同盟”的な仲間に
いつの間にか入れられ(笑) 今や耐久力もつき
一緒になって いじけと自虐のハーフハーフ
で楽しんどりますが(≧▽≦)

貧乏やボロい家は見られたくない、知られたくない、
学力は相手との比較や評価を気にして
親の離婚は人との違いを感じ、そこを感じたくないために
強がることでプライドを強化していったり
ペチャパイは・・・・触れないで~~と(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
相手からは感覚的に冗談でも言えない空気を私が
醸し出していたんだと思います。

私を含めてAⅭさんは 
コンプレックスを言えないことで感情を封鎖し我慢を溜めこみ
悶々とする気持ちが苦しくなり、癖や逃避することと
なるのですが、真の感情や根本の我慢は解消されず、むしろ抑え込む
ことになるので、その反動として
誰かに分からせたい、分かってほしいと訴えるのですが・・・

癖や逃避は最終的に
誰に言っても分かってもらえない
分かるはずがない、仕方のない環境だった、私だけこうなんだ、
これが普通の事、これが私の当り前、、、と諦めやすり替えることで
最も本人にとって出しやすい相手に言葉や応対にも威嚇やトゲ、殺気等で
周りを巻き込むという悪循環は自ら作っているということ。
そして関係性が近ければ近くなるほど強く出てしまうのではないかと感じます。

”コンプレックスを言えない”が続くことで人との会話や
やり取りの中で日常茶飯事に起きていて,それは幼少期の育生暦や
身近な相手とのやり取りの中で傷つき、辛い、苦しい、悲しい、悔しい出来事が
言えないコンプレックスとして深く深く たくさん抱えてしまい
思い出したくない記憶、感情があまりにも多すぎて
そんな積み重ねでますます言えなくなり、それを言うことは
封じ込んでいた記憶や感情=核に近づくこととなるので
本心(気持ち)を言うこと、話すことは”恐怖”となるのです。

今まで自分が普通だと思い込んでやり過ごしてきたことが
それぞれの時期もありますが子育て、親子間、夫婦間、友人間などの
ズレや違和感を感じ、周りと合わせようと無理ポジな自分を演じ強化していく・・・


きっと、一般の方はこれらのコンプレックスを浅く捉えてることもでき
相手からの思考をあまり感じることなく話すことで
気持ちの感情解放ができ、相手との関係を遮断するようなことは
しないのではないかと思います。


人との会話の中で自分で出した言葉や相手に言った言葉に
責任を持つ(どうして言ったのか?どう感じているのかという説明する)
ことを誰かに話すことで気持ちを整理することにもなり
自分の中に自然と入っていき意識できていくのかと
経験してみて感じることおおいにあります。
そして、自分が発した言葉は自分を気づかせることにもなり
相手から不快や嫌悪感ある言葉や対応だと感じたならば
そう感じる何らかの理由があるはず。


オープンに話せる相手、信用できる相手が一人でもいれば、
大きな支えとなってコンプレックスの深い部分を浅くできるのだと感じます。
まずは、誰かに話してみること。
間違っても、失敗しても、はずかしくても言ってみることで
気持ちが開いた状態になり
核を捉えることのできる一歩になるのかもしれません。














この記事のURL | ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近況
2014/02/28(Fri)
最近、外の空気が陽気と匂いで春が近づいてきたな~と感じます。。。

核を捉えて以降の12、1月はがむしゃらに突き進んできました。
ここへきて、そのツケが 少々呆けてる私でつ(笑)
けど、やるときゃやりますそんな余力を残しつつ
自分の状態を感じとりやす^^


報告遅れましたが長男、高校合格しました~
その節は個々にラインやメールでたくさんの皆様から祝福のお言葉をいただき
本当にありがとうございました <(_ _)>
私が受かったわけではないですが、気にしてもらえたことに嬉しくて

 合格後の長男は、やりきった感と張りつめていた気持ちが一気にでたようで
一時期は起きてる時間より寝てる時間のほうが多いくないかい?!ちう感じでしたが
最近では少しずつ前を見据えて行動してるな~と感じます。
高校へも何度か足を運んだり、部活もこれから新しく共にプレーするメンバーとの
合流、先輩たちに交って練習試合に参加させてもらったりと着々と前を向いて
歩き始めている長男の変化をみると嬉しくなります(*^-^*)
そこでまた、私もがんばろ~と元気をもらえます。


次男はといいますと、
 今まで私たち夫婦や長男を背負い 家族のムードメーカーとして支え、
どんなときも元気いっぱい 家族を笑顔にし
みんなを気遣ってきた次男でしたが、(そうさせてきたのは私ですが(-_-;))
今の長男を感じて背負っていた荷物を下せると共に
そこに寂しい感覚もあったのか
受験もあって長男の方へ構けていて放むられた感があっって寂しさを感じたのか
受験後間もなくして1週間ほど学校を休むことがありました。
そんなこんなで、いずれは次男にもくるだろうな~と
予測もしていたので、早く表に出たことに安堵感もあったり。

今までの私だとオドオドし心配や不安に陥ってましたが
今回は受け入れることができ、休んだ一週間は普通に過ごしながら
色々と話しました。

1週間休んだ次男は気持ちが落ち着いたのか、
朝練行かなかったり、遅刻したりもありながらも
そこには今まで出来なかった自分の意思や気持ちに沿って
行動するとういことに無意識ながらもやってる途中なのかな~
と見守っています。


この4月から長男は高校での寮生活、次男は中学2年生。
それぞれに新しい出発が始まります。

軸のぶれない私でいることが息子たちの
安心な居場所。


は最近の長男のハマり曲だそうです^^
車中で口ずさんだり、歌の話で盛り上がったりします。

長男の意気込みとちょっと不安な気持ちを自問自答しながら
迷いながらも前へ進みたい気持ちが表れてるんではないでしょうか(*^-^*)
そして、私もこの曲で”挑戦する勇気”が芽をだしたかな^^










この記事のURL | 息子たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2014
2014/01/03(Fri)
あけまして 数日経ちましたね^^
今年もどうぞよろしくお願いしまつ

身内事ですが昨年、秋頃 やっとのことで
母が私たちのもとへ帰ってきました。

なので、今年は数十年ぶりに母とお正月を迎えることができて
近年にない賑わいと嬉しさと安堵感を感じ穏やかで楽しい
お正月を迎えることができました。

振り返ってみて、あなここへきて四年が経ち
昨年は今までで一番充実した1年となりました。

一昨年末から今日まで共にしてきた
メンバーとの別れ、新メンバーとの出会いもあり、
その出会いと別れは私にとって大きな変化と
真剣に自分と向き合うきっかけにもなり
前向きに時々後ろを振り返りながらも(笑)一生懸命に
突っ走ってきた年でもありました。

色んなメンバーとの交流、楽しむこと、挑戦すること、配列崩し
プライドを折る。。。
がむしゃらに取り組み、その中で失敗や恥ずかしく思うこともあったり
メンバーと気軽に話せるようになったり、愚痴を言い合ったり。。。
今まで以上に少し踏み込めた関係を作れるようにもなりました。

向き合うことで課題や自分の向き合い方の方向性が定着することもでき
そんな時期にタイミングも重なったことも大きな後押しでしたが
今では、そのタイミングを作れたのも自分の変化で周りが自然に
動いたのかな~と感もじます。。。

結果、”恐怖を捉える”という自分の核に出会え、その後 
自身の目まぐるしい変化を感情と言葉が一致する手ごたえを
感じることが出来ました。
<※”核の恐怖”のことは後日、改めてブログ化しようと思っとります^^;>


今月、長男の高校受験を控えピリピリと張りつめた感じや
頭では分かっていても気持ちが前に進まないジレンマ、、、
私も経験してきたこと。
見守るしか出来ない無力な私は長男とどれだけの一致感を
合わすことができるかで、今からの方向性を左右されるのだと思うと
対応に意識もって相手を感じとることを心がけています。

以前は、誰か一人をターゲットに集中して見ることで他者は
放置状態の私でしたが、これも あなここで露わに出て自分も
体験したことで気づき向き合うことで少しずつ
見直していけるようになり だいぶん、家族でも
あなここでも全体を見れるようになり
感じることもできるようになったかと思います。


今年の目標としては伝えていくこと、そして
あなここを卒業することです。


っと、目標設定したところで余談ですが(≧▽≦)

今年2度ほど、きれいなアーチのある虹を見ました。
偶然なのか、なんなのか。。。
いつも不思議と気持ちが雨上がりのスッキリした
時に見れたように思います。

この歌詞が実に昨年の私にフィット感ありました♪
※ちょこっと、うっとり混入しとりまふ(笑)











この記事のURL | 私事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。