FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本当の感情。
2009/10/27(Tue)
昨日は失礼いたしました

あれから布団叩いたので少し落ちつきをとり戻し部屋に戻り・・・・

時計をみて次男が

次 「あっ^^もうすぐ 運動会始まる~ 」 とキャピキャピと嬉しそうに言った。

私 「どうせ 行かないんだから運動会のことは話さないで!」と言ってしまった。
    
  まだ、感情が取り戻せてなかったので

次 「別にいいじゃん!母さんに関係~ないじゃん。」 はい ごもっともです・・・

私 「はいはい。そうだね関係ないよね!!」 と、 どうでもいい時に同情してしまう。

こんな感じのやりとりが5分程、続いた後、今度は次男が部屋に行き、クローゼットや衣装ケースを泣

きながら蹴り出した。 ”やっちまた~” と思いながら自分と向き合った。

 運動会に行かなかったことが嫌だったの?= 違う。

 昨日、息子達が”行く”と言ってたのに行かなかったから?=違う。

 私は行って欲しいと思ってた?=違う。  じゃあどうして?  

どっちにしても息子達にやつあたりするのはおかしい話。

次男の所へいった。 泣きじゃくり目からは涙が頬を何度も流れていた。

私 「ごめんね。 母さんが悪かったよ。 行けない事が次男は辛いんだよね・・・」と抱きしめた。

次 「ど ど・・・どうして学校・・に行けないのか・・・分からん  行きたいのに・・・
   どうしたら 行けるようになる?・・くやしい・・・よ」

私 「そうよね・・・辛いよね・・苦しいよね・・・ごめんね」 と二人で抱き合い泣いた。

感情がでてスッキリしたのか

次 「母さん ありがとう。 もう大丈夫」と部屋に戻って行った。

長男がやさしく次男に言葉をかけてくれていた。

  そして、そのあと 本当の感情が分かる事となる。 奴(旦那)からの電話で。


旦那は長男がお腹にいる時からS中学校のバスケットの外部コーチ(先生ではないけどボランティア

でバスケを教える)をしている。

 子供達が幼い頃、育児に追われ、仕事の休みほとんどをバスケに持って行かれ土日が試合になっ

たり練習試合があったりとあまり構ってはもらえてなくて腹も立っていこともあり 嫌みを言ったりケン

カもしていた。 

 だけど、長男がミニバスケットチームに入ってからはそんなこともなくなり むしろ中学生の試合にも

顔を出すようになっていた。 

 そして、運動会の日も練習試合を入れていた。2~3日前から聞いていたものの 私は

”まあその日は学校の顧問の先生にまかせるんだろう・・・”と思っていた。 ところが。。。 前日、

私 「明日、どうする?」

旦那 「明日か~ 明日、○○先生がいないんだよな~」と。  はぁぁぁ~~~?!

私 「何!それ。 子供たちが運動会出るって言いよるのに~!」

旦那 「じゃあ、一回行って事情話して戻ってこようか・・・」 この言葉は”わざわざ行って帰って来て

やるよ”的に感じてしまう言い方。  だって事情話すなら電話でもいいじゃん!って感じ。

その時はまだ私も、”まあいいか~好きにすれば~”とも思っていたし、子どもたちが絶対行くと断言

できなかったから。

  案の定、当日 行かなかった子供達に自分の用意をしながら「どうする?」かと聞いたり

「お前らの思うように・・・・」などと言っていたけど子どもたちはどう感じたのだろう。

私には”自分の子供よりバスケを優先したんだ”と思った。 それは日頃から思うことでもあり・・・

旦那が行った少し後だった。 私の感情が出たのは・・・ 

 それが、子どもたちへの八つ当たりだったのだと今は思う。

問題はそのあとの旦那からの電話。

 次男に謝ったもののなんとなく胸の中に嫌~な感じが残ってる時、

着信に旦那の名前・・・すぐに ”奴のことだ!” と思った。

旦那 「子供達はどうしよる?」

私 「別に。」ムカつき気味に。

旦那 「”別に”ってことないだろう」  次男のことを言うのも面倒くさい。

私 「じゃあ、どうしろっていうん?」 という怒り気味に言うと

旦那 「はいはい。分かった。」と電話を切った。

 私は思わず子供の前で「ばっかじゃないの!!」と携帯を壁に投げつけてしまった。

子供達はビックリしていたけど長男は”また始まったか・・・”とスルーしてくれ、次男は隣の部屋へ

再度戻った。  数分後、気を取り戻し長男を呼び「今日の母さん・・・ごめんね。○○達は全然悪くな

いからね」と抱きしめた。 少し涙を浮かべていた。 スルーしてくれてありがとう

 いつもの私なら、このあと罪悪感を感じ一日を過ごしていたけどこの日の私は頑張った。

  抱きしめついでに、「○○○○(大型ショッピングセンター)に行く?」と私。

長男 「行きたい!!」

私 「じゃあ、二人とも用意して行こう。」と出かけた。

 息子たちが用意している間、今の感情を旦那に伝えようとメールを打った。


本文をそのまま書きます。

何で電話してくるん
あんたは子供よりバスケをとった。
今更、なにしよると言われてもどうすることも出来んくせに!!
「帰ってきて」と言えば帰ってきてくれるの?
気にする素振りみせるなら子供の運動会の日ぐらい聞いて覚えとけっ。
行くとか行かないとか関係なくこういう日ぐらいは子供に寄り添うことが
家族として大事なんじゃないの?
自分の事ばっかり考えて人の気持ちも考えれないあんたは義母そっくり!
あんたは逃げれる場所がたくさんあっていいよね。
私の気持ちなんかあんたに分かるわけがない。

・・・結局 送信せず保存しています。

 これを 書いたことで・・・送信したということにして少し気分を楽にして出かけた。

 時間を気にせず、服を買いまくり、子供達にはゲームを好きなだけさせ、夕ごはんを食べて帰りまし

た。旦那から「まだ、帰らないのか いつ頃帰るのか」と携帯にかかってきましたが、

「わかんな~い。まだ帰りません。夕飯はお好きにどうぞ~」と。

あ~これでスッキリです^^ 気分転換には、外出が一番ですね。














 









 













 









 






















スポンサーサイト
この記事のURL | 息子たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<気持の温度差 | メイン | そして・・・朝。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://h46t47.blog12.fc2.com/tb.php/8-600431fe

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。