FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
愚痴 ~パートⅡ~
2010/03/11(Thu)
 前回の記事”愚痴”では長男の事を記しました。
 
 なかなか、自分の気持ちに長時間、向き合えない私はいつもその気持を
自ら逃して向き合わないように仕向けているようです。その瞬間を捕えれたらと思うのですが、
無意識のようで。。。難しいというより”しんどい”という言葉の方がハマるのかと思います。

 今日は長男の愚痴の前に次男と少しやりとりがありましたので、記事にします。

 次男は長男より自分の気持ちをすぐに言葉と行動に表すタイプです。
彼の言葉は時に私の気持ちの的を得、以前はそのことに苛立ちを感じていましたが、
最近では、”気付かされれている”と私自身、変化出来たように思います。

(私の記事”愚痴”から)
>昨夜は息子達、友達の家にお泊りでした。 
>いつも長男は人の家ではあまり寝れるタイプではありません。
>なので、迎えに行くと帰りの車の中で寝てしまいました。
>寝かせたまま買い物もしたので1時間半くらい寝たような。。。

 いつも、土日の友達と遊んだ後の車の中の二人の機嫌はよくありません。
息子たちの気持ちを感じてみると、次の日からの平日は彼らにとって そして私にとっても
モヤモヤする日が始まるのです。 学校へ行けないという葛藤・・・友達と別れた瞬間時
に楽しかった時と学校へ行けない葛藤のギャップが苛立たせるのかと感じます。
私も正直、土日と平日の心の余裕は少し違うとを感じています。

 この時もやはり感情は長男より次男の方が強く出るのです。
 
次「はぁ?何で、兄ちゃんこんな時間に寝るんや。また、夜寝れんって言うくせにバカじゃん。」
私「眠たいのに寝んよりいいんじゃない?寝かしてあげようよ」
次「あ~、楽しくな~い。 なんか 嫌な感じがする。」
私「どうして?」
次「そんなん、分かるわけないじゃん。母さんには分からんし!」
私「笑。そうだね・・・」
次「オレ、ずっとずっと友達と遊んどきたい・・・」
私「うん。」
次「ねえ、何でオレ学校行けなくなったん?」
私「・・・」

 ここで、私は「母さんのせいだね・・・ごめんね」って言ってもいいのか?「どうだろうね?」って
言ったほうがいいのか、分からず黙ってしまった。
 自問自答していると、次男が声を殺して泣き出した。

次「学校行けなくなったのは兄ちゃんのせいじゃん!オレは学校行きたいのに・・・
 兄ちゃんが学校行ければオレだって行けるのに~!」と怒りの矛先は兄弟である長男へ。
 後部座席に座っていた次男は長男の座ってる助手席の後ろを足で何度も蹴った。

 以前なら、私はそこで苛立ち次男の気持ちに寄り添えなかった。
”蹴ることないでしょ!”とか”自分で考えなさい!”と突き放してただろうと思う。

今は次男の言葉は辛かった。胸が締め付けられる。
そんな思いを次男が毎週のように感じてること。
小さな身体で長男を背負ってる次男。 いえ、次男は家族をも背負ってる。
おどけたり面白いこと言って、家族を笑わせようとする姿に次男のやさしさと
気遣いとそして・・・一生懸命に家族をまとめようとする姿に心が痛い。

そして そうさせているのは親である私たちだということ。
自分の罪を感じる瞬間でもあります。

そこで「私がそうさせてしまった・・・」と落ち込んではいられない。
自分の罪を認め、その罪に向き合わなければ息子達が身体を張って私に気付かせて
くれたことが水の泡となってしまう。

 日中、家の中で過ごす二人はとても仲良がいい。 時に激しくケンカする時もある。
私はそのケンカを止めない。 思いのままに気が済むまでさせよう。
ケンカの後はきまってどちらも私のところへ来る。
長男は時間が経って落ち着いてから、次男はかケンカ直後に。。。分かりやすい(^^;)
私は何も聞かず ただ、ひと言「大丈夫?」と二人を抱きしめたり背中を撫でるだけ。

 私も妹としょっちゅうケンカをしてきた。家に両親がいるとケンカしても止められる。
居ないときに思いが爆発してひどいケンカして気が済んだとしても
その時 私の気持ちを受け取めてくれる人も抱きしめてくれる人もいなかった。 

私、寂しかったんだな・・・。 私と同じ思いを息子達にさせてはいけない。

 今、息子達は私にぞれぞれの言葉や気持ちを投げかけ私を試してる。
りんりんさんに「試すってことは元気になってるってことだよ」と教えてもらった。

試されたその答えは、間違うこともある。けど、それもまた学びでもあり違和感を感じられる
ということも自分が変化してるのかと思います。

 ここ数日、私のこたつ部屋に一人ずつ入ってきて それぞれ自分の気持ちを話して・・・
というより「話しようか?」と誘うと話してくれるようになりました。
どんな言葉にも気持ちにも正解、不正解はなくて・・・ただ息子達が感じてる事なのです。
たとえ間違ったことを言ったとしても、いつか気付いてくれれば・・・
という願いで聞くよう心掛けをして行きたいと思います。





 
   
 





 

 
 


 
スポンサーサイト
この記事のURL | 次男 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<今の気持ち | メイン | 愚痴>>
コメント
-  -
アイ母さん、お久しぶりです。

次男くんは、自分の言葉でアイ母さんにぶつかっておられるんですね。

試すと言う事は、元気になっていること…なんですね。

信頼しているから、試すことも出来るんでしょうね。


私も妹とよく喧嘩をしました。口が達者な妹に、口では負ける私はすぐに手が出ていたように思います。


あの時に、しっかりと理由を聞いて、受け止めてもらえていたら…。


次男くんの涙…。
しっかり受け止めていらっしゃるアイ母さん…。

今、次女に対してイライラしていた気持ちを、優しくしてもらいました。

ありがとうございました。
2010/03/11 18:30  | URL | 風 #-[ 編集] ▲ top
-  -
風さんへ

 こんばんわ。 お久しぶりです^^ 

 この2~3日寒い日が続きましたね。 
この寒さを終えたら春がくるといいな・・・と期待したいところです。


>信頼しているから、試すことも出来るんでしょうね。
 
 どうでしょうね~^^ 信頼と試されてことが通じてるのかは分かりませんが、もしかすると信頼されていたら試すことはしないのかも・・・ですね。  息子達は私の反応を見極めてるんじゃないかと感じます。
 敏感に親の微妙な表情や行動、しぐさを感じとりそれに合う言葉や行動をとるんだと思います。

>今、次女に対してイライラしていた気持ちを、優しくしてもらいました。
 
 私もイライラしたとき時、りんりんさんからイライラする気持ちはどこからきてるのかどうしてなのかを辿ってみて・・・と言われたことがあります。
 そのことを知るだけでも少し気持ち的にちがうのではないかと思います^^

 風さん、長らく音沙汰なかったので どうしてるかな~と思っていました。 コメント頂き安心しました~。 ありがとうございました^^
 

  

 

  

 
 
 





2010/03/12 00:02  | URL | アイ母 #-[ 編集] ▲ top
-  -
次男君けなげですね。
家の次男もかわゆいっす!
次男が5年生くらいのとき、思わず次男に言ったことがあります。
『お母さんは自分の気持ちのイライラを、あなた達にぶつけてしまう。
でもそれは、お母さんがほかの事で、他の人にぶつかりたいのに
出来なくてしちゃうの。ゴメンね。』って。
次男は泣きながら
『ぼくはお母さんが怒るとき、イライラしてるとき、ぼくがいけないんだ。ぼくのせいだってずっと思っていた』って。
『〇〇のせいじゃないよ。〇〇は何にも悪くないよ』って二人でワンワン泣きました。

そういう話、長男とはしていないなあ。
いやいや、びしばし指摘されました。それは今もです~

あ、またやっちゃった!ゴメン~嫌だったよねこういうのって
娘にはしょっちゅう言ってる私です。

ふっとそこで立ち止まれるようになっただけでも ま、いいか です。
限りなく自分に甘く・・・
2010/03/12 08:31  | URL | 森のぶーたん #8mQnrvzk[ 編集] ▲ top
-  -
森のブータンさんへ

 コメント頂きありがとうございます。
こちらは、今日は昨日までの寒さと違いとても暖かいです。
そちらは いかがでしょうか?^^

 >お母さんは自分の気持ちのイライラを、あなた達にぶつけてしまう。 でもそれは、お母さんがほかの事で、他の人にぶつかりたいのに
出来なくてしちゃうの・・・

 そのことを息子さんに伝えられたことは良かったですね^^  イライラしてる原因は息子さんではないのにどうして弱者である息子さんに当たってしまったのか・・・  私も以前はそうでした。 最近は苛立つことを自分で感じとり、どこから来てるのかを模索できるようになり子供達への接し方も大分 変わってきたのかなと思います。

>ふっとそこで立ち止まれるようになっただけでも ま、いいか です。

 そうですね^^ お互いに その先にもすすめるように頑張りましょうね。  



2010/03/12 16:32  | URL | アイ母 #-[ 編集] ▲ top
- こんにちは -
ウチも息子2人でした。

次男は一人暮らしを始めているので
長男とのネコのように
絡んだり仲良くしていたりの日々が
読んでいて懐かしく思いました。


>私のこたつ部屋に一人ずつ入ってきて それぞれ自分の気持ちを話して・・・

素敵だな~
私もそうなれる日が来るのかな~って
思いながらよんでました。
2010/03/13 16:39  | URL | つゆこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
その先に
のコメントに はっとしました。

今日はどんより雨ですが、目が覚めた感じです。
ありがとうございます!
2010/03/16 08:27  | URL | 森のぶーたん #-[ 編集] ▲ top
-  -
 つゆこさん

 コメントありがとうございます。^^ 
仲良く絡んで遊ぶのを見ること・・・もう少しすると見れなくなるのかなと思います。  学校行ってたらそれぞれの個性を見ること、感じることが出来なかったような気がします。長所も短所も全部、長男らしさ、次男らしさ。。。ですね。


 
2010/03/16 09:30  | URL | アイ母 #-[ 編集] ▲ top
-  -
森のブータンさんへ

 再度コメントありがとうございます^^
目が覚めてよかったです~。


2010/03/16 09:37  | URL | アイ母 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://h46t47.blog12.fc2.com/tb.php/57-4e5c270a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。