FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
息子達は私の二つの鏡
2010/02/05(Fri)
 最近、つくづく息子達を見て私の両面性を持ってるな~と感じる。

それが二人の個性としてはっきり出てくる。

分かりやすく言うと、長男は感情を表に出すことを苦手とし友達を選びながら

相手によって態度を変える、今は 言うことも少なくなったけど

「誰かがこっちをらんでくる」「どうせオレなんか嫌いなんでしょ・・・」と

被虐的に思うIPである存在不安を持つ私。

次男は天真爛漫。楽しい!嬉しい!の時、身体全体で表す。悲しい、嫌だ~!と

思いっきり私にぶつけてくる。 私の心奥底に潜めてるIC。 

 以前、私は長男とは”気が合わない””ウマが合わない”と私から遠ざかって

抱きしめることもなく、むしろ近寄られる雰囲気、手をつなごうとされると察知すると

嫌悪を感じ、気づかれないような振りをして逃げていた。 でも、”気付かれない振り”

は長男にはお見通し・・・その度に何度も長男の心を痛め傷つけた。 ごめんね・・・と言葉で 

言っても謝りきれないね。

一方、次男には天真爛漫な子どもらしさがとても可愛く、憎まれ口を言われても笑って流せた。

何より、周りからは「かっちゃんはしっかりしてるね~」「うちの子かっちゃんのこと大好き

って言うんだよ~」とそんな言葉は魅力的で、私への”子育て評価”だった。

そんな、差をつけ育ててきて、二人の不登校は私の心の衝撃は何ともいえず崩れていった。

 最初は、長男の不登校が始まり 今まで長男へしてきたことを反省しながも

心からはまだ愛おしいと思えず、日中過ごしてきた。 体調も波がありながらも段々と良くなって

きたころ、次男が「兄ちゃん元気なのにどうして学校行かんのん?」と頻繁に

聞いてくるようになり「どうしてオレばかり頑張らないといけないの?」と言い出していた。

 その頃、次男は私の長男への態度が変化することを不安に思っていたんだと思う。

その間も”学校へ行けている次男”を褒め、誇らしく思う私。

その頃の兄弟関係は長男は”学校へ行ける次男”を羨ましく思い学校から帰ったら

やたらとちょっかいをだし、次男は日中 私とべったりいることを嫉妬して

二人の感情がぶつかりあいすぐにケンカ。

それでも私は、二人に「カツは頑張って学校行ってるんだから・・・」

「兄ちゃんだって休みたくて休んでるんじゃないよ」

と二人の気持ちに寄り添うことは出来なかった。

 長男の完全不登校から3ヶ月後位から学校へ行かなくなった。

最初は次男のことだから1週間ぐらいしたら”暇~”と言って復活できるのではないかと

思っていた私。 だけど未だ二人とも行けてはいない。

 今、日中ずっと二人とべったり過ごす中 そりゃ、うざった~い!一人になりた~い!って

思うこともしばしば。兄弟ケンカだってする。親子ゲンカだって。

 さきほども、次男が来週控えている4年生以下のバスケットボール大会に出る事で・・・

 歩けるようになったぐらいから兄弟でバスケットボールを目にしていた二人は

自然とルールも覚え、互いにプレースタイルは違うけど向上心がある。

でも、他の子たちは最近、入部してきた子ばかり。

一緒に試合にでるチームメイトに不満を抱き、試合に向けて不安を持っているのだろう。

「T君はすぐトラベリングするし、A君は遠くからボールなげれんし、S君はパスせんし~」

と「こんなんじゃ絶対勝てるわけがないし。練習したって無理じゃん!」

と・・・怒りながら他の子への不満を私にぶつけてきた。

最初は黙って聞き「へ~そうなんじゃ~ でも、みんな入ったばっかりだからね~」

 っていってたけど、ど~のこ~のと言ってくるので、

私 「じゃあ、そんな気持ちでいるなら大会出なくていいんじゃない?!」
カツはさ、ずっとバスケやってきてるから自信あるだろうけど、他のみんなは
まだ、始めたばかりだよ?!すぐに上手になれって方が無理なことじゃない?」

次 「ふん、じゃあ 試合出んし・・・今日の練習にも行かんし!」 

私 「お好きにどうぞ~^^ それはカツが決めることだからね~母さん 知~らない。」

その、3分後には、練習着に着替えていた。

私・・・少しモヤモヤしてたので

「ねえ、カツ 自分一人で試合の責任を負うことないよ。 バスケはチーム競技だからね。
思うようにいかなくても、みんながいるから試合にも出来れるんだよ。
カツが試合に出たいか 出たくないかじゃないかな~。
先に、結果を”負け”って決めるつけるのはどうかなって思う。
勝ちたい気持ちはわかるけど ~君がこうだから~君のせいで・・・って思うなら
試合をしても、楽しくないよ。」とだらだらと言った。

次男も自分の気持ちを言い始めた。

次 「試合に、負けることが嫌なんだ。 けど試合にも出たい。 etc・・・」

私 「そうだね・・・誰でも負けると悔しいよね。」

次 「でも、やっぱりすぐには上手にならないけど だんだん上手くなって
6年生になったら、全部かって優勝したいな・・・て思う」

私 「そうだね。そうなるといいね。」

次 「あ~ よかった。 これで終わり!」と自分の気持ちを言えてすっきりしたようです。

  以前、行くのか、行かないのか、行きたいのか、行けないのかと思ったりもしていたけど

今は、ひっかかることなく・・・私の中で重要なことではなくなった気がする。

 私、毎朝、子供達より遅~くに起きてしまう。 トホホ・・・

もう少し、私の反抗期に付き合ってね。 ”大人は理不尽”そんなきんたろうさんの言葉に

甘えてる私です。
  












   

 

 








 









 






 

 
  






スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<みどりさんのブログ | メイン | なんだかな~・・・>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://h46t47.blog12.fc2.com/tb.php/41-e2f370df

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。