FC2ブログ
2010 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
なんだ?!それ・・・
2010/12/02(Thu)
 昨日、次男が学校から帰って一番に話してくれたことです。
なが~い会話ですがお読みください^^
皆様それぞれにどう感じられるかな~


次「今日ね~学校で感動することが起こったんよ~」

アイ母「なになに~?」

次「O先生(担任先生)がね、
  「先生はもう、これ以上やれることはしました。
   ”みんなの先生を辞めます”と校長先生と教頭先生に言ってきます」って
   教室を出て行って、男子と女子の一部が泣いてね~ 先生のところに行って
   「戻ってきて来てください」ってお願いしに行ってんよ」

アイ母「・・・どうして、先生はそんなこと言ったん?」

次「A君とB君がいつもケンカするんよ。
  そんで~先生は4年1組を良いクラスに作りたいって
  思ってるのにそうやってケンカするけ~じゃない?!」

アイ母「それで、先生がそう言ったん?! その時、次男はどう感じた?」

次「A君とB君がケンカするのが悪いって思った。
  完ぺきにA君が悪いらしいよ。」

アイ母「次男、ケンカしてる時はどうしてたん?」
  (この問いは次男がこのケンカに関わっていたのかと知りたかったのです・・・反省)

次「外で遊んでて帰ってきたら そうなっとった、、、」

アイ母「そりゃ、帰ってそうなってたらビックリだね~^^;
    だけど、ケンカしてる以外の次男や他の子には関係ないし・・・???」
    (この、問いかけの”関係ないし”は無関心語録の為、言った直後、反省(;;))

次「そうじゃけど、4年1組のことだし・・・」

アイ母「そうか~ クラスの問題になるのか~(*_*;
    それでO先生が教室出て行ってどう思った?」

次「そりゃ、ヤバイ!って思ったよ~」

アイ母「どうして?」

次男「だって~O先生がおらんくなったら、授業ができんくなるじゃん?!
   それに4年1組どうなるん・・・?」

アイ母「そうか~ 次男はクラスを大事にしてるんじゃね~^^
    〇〇先生いなくてもどうにかなるっしょ?」

次「いや~それは困る」

アイ母「そうなんじゃ^^先生含めて4年1組だもんね」

次「そうそう」

アイ母「っでさ~ どこが感動~って思ったん?」

次「そりゃ、感動~でしょ~?! だって、ほとんどの人が泣いてO先生に
  「辞めないで戻ってきて下さい」ってお願いしに行ったんよ~」

アイ母「ははは~ そういうことが感動だったんじゃ~^^」
    (みんなが一致団結してドラマチックな感じ風な空気感なのか?!)


 ”先生が教室から出て行った”
 ”校長先生と教頭先生に言いに行く”

と言う次男の言葉に違和感と少しの怒りを感じました。

以前、私も「この家から出てくからね!」と子供達に何度言ったことか・・・
出て行った振りだってしたことがあります。

この言葉や行動は自分の思い通りにならない怒りが”出て行く”と言う言葉で脅し
相手を自分の気持ちを強引に分からせる手法だと思います。

 そして自分より高い存在だと感じる他者を道具にする・・・

例えば、母親が「お父さんに言うよ!」とか
子供のケンカでも「お母さんに言ってやる!」
または、ケンカの強い友達、兄弟をだすこと
ママ友同士でも遠まわしにリーダー各の人と仲が良いことをアピールすることも
その中に当てはまるかも知れません。

私もそうしてきた事実、、、ございます^^;(爆)


 私がその場にいたわけでもないし、次男も友達のケンカをみてないことと
まだ4年生ということもあり私に伝えきれない部分もあると思います。
そして私も、まだまだ対話のなかでどう聞けばいいか?どんな言葉が栞になるのか?
相手の言葉や思いを感じながら自分と向き合うことに模索中です。

 今回、私が感じたこと。。。
そうした方法で先生の思う”良いクラス”になれるのか?!
はたまた、”良いクラス”ってどんなクラスなんだろう・・・
 そして、二人のケンカはクラス全員の問題なのだろうか? 
色々と疑問を持つ私なのだけど。。。
っと自分と向き合うことができるようになったから考えられることなんだけど。
 先生がその方法でクラスをまとめようと思ってやってることを子供たちが
どんな気持ちでいるかということに気付かないと難しい問題です、、、

 以前の私なら、こんなことがあると怒りが先にきて
「どうして、先生なのにそんなこというの?!」と自分を棚に上げて
感じたかもしれない。
今は少しのムカ!を”違和感”と捕え自分のことと照らし合わせることが
少しずつ出来るようになってきた。
 
 そして、それぞれ子供達はどう感じたのか。。。
A君とB君それぞれに言い分もあると思う。
以前、次男からそのA君は母親が今、刑務所にいて児童施設に預けられている子だと
聞いていたのでA君もたくさんの辛い感情や思いを抱えているのかな・・・と心が苦しく
胸に詰まる思いだった。

 みんなが、みんな悪いわけでも良いわけでもない。
それぞれに生きてきた環境に出てしまう思考、行動、言葉なんだな~と思いました。



 


 

 

スポンサーサイト
この記事のURL | 次男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。