2010 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 01
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今日の昼ごはん
2010/12/22(Wed)
 息子達が不登校になって私にとり一番厄介な家事、、、昼ごはんを作ること。

 始めの頃、私が作ってやらなければいけない・・・ということが当たり前で学校行ってる時は
お気楽に自分の好きな時間に好きな物を食べていたけどそうはいかなくなった。
息子達が昼間にいることだけでも自分が縛られてるようで窮屈に感じる毎日。

最初は学校の給食時間に合わせたり栄養あるものを・・・と思っていたけど
不登校に慣れた頃、作ることに窮屈度が増していきそれが怒りになり違う場所へ出ていように思う。
 ある時、きんたろうさんに
「今まで、嫌だったことでも今の自分にはプラスになってることもあるんやないの?」
と言われた時、小学生の時から家事を任されてきた自分を思い出しその光景と遭遇しました。
 確かに、あの時面倒くさいと感じながらも作ることが当たり前だったご飯作りは
結婚後、料理を作ることに困ることはなく好きか嫌いかは別として自分なりに手際よく
出来る方だと思える事なのです。
 息子達が生まれる以前は友達をたくさんよんでおもてなしをしたり
息子達が生まれると家族ぐるみで集まりワイワイと夜遅くまで楽しんで
美味しそうに食べてくれる仲間たちもいました。
自分の作った料理を美味しそうに食べてくれると嬉しかった^^
もしかすると、今、私にとって自信持てる事なのかと思います。

 きんたろうさんにそう言われてもらった頃から、
少しずつ息子達に昼ご飯を自分で作っろうね~!と
まずは簡単な卵を炒めたりチャーハンを作ったり、前日のカレーを温めるだけだったり
時にはレンジでチ~ンもあったり^^;(いや、、、ほとんどかも・・・爆)
 お茶づけの時だってあります。
普通に学校行ってる子供達ができないことを経験させるてやることもいいことじゃないかと
思います。家庭科の一環として。。。ね^^
 
 今日は、長男がフライドポテトを食べたいと言ってきたので「母さんも食べた~い!作って~」
とはじめて揚げ物に挑戦してもらいました^^
私にとって何でもないことでも長男にとっては油は飛び散るものだとドキドキ。
長男が見える続き間のリビングで見ながら工程だけ伝えオロオロしながらも
程よい色に揚がったポテトを「やったら、できるじゃ~ん!^^頑張ったね~」
と「おいし~(*^_^*)さすがだね!」といいながら一緒に食べた。
それが今日の私たちの昼ごはん。

 そこには気を使う私も罪悪感を感じる私もいない。
”自分でできることは自分で”という気持ちの中に少しでも違和感を感じるものがあれば
それはコントロールだったり押し付けになるのかもしれない。
思い出や記憶のにある経験や体験したしたことでプラスになったと思えるなら
伝えていってもいいんじゃないかなあと思うのです。

 だけど、夕飯は私が作り味見係は息子たち(外食 多い我が家だけど・・・^^;)
     
 




 


 






スポンサーサイト
この記事のURL | 長男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。