2010 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
足跡Ⅴ ~兄弟~
2010/05/28(Fri)
 この時期になってもまだ、半袖が着れないなんて。。。温暖化だと言ってるけど?!
ホントかなぁ~。
今朝は旦那が暖房つけてたよ だけど つけてても丁度いいんだよね~。 

 ところで私、、、今日 めっちゃ?!早起きしました~ 6時45分に。。。
この時間に起きることは今の私にとっては至難です。^^;
何もないのに起き、、、い、いや、何もないわけじゃなく今日は次男が社会見学へ
行くそうです!^^  っで、お弁当を作るので、、、起きました~(爆)
こんな風に何か用事があれば起きようと思えるのだけれどね~普段は …なかなかねぇ~
”さぼり癖”or"面倒くさい病”が抜けません(笑)笑ってる場合ではないですね~
息子達から逃げてるという感覚や罪悪感はないので。。。それこそ厄介です

 なので今日は長男と二人で穏やか~に過ごしてます・・・あ~ 静かだ。。。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 りんりんさんのブログに出会い、気持ちが楽にもなれたし心強くも思えた。
だけど、それと同時に私自身、認めたくない現実を知ることとなった。
長男の不登校の原因は私にあるということ。
 りんりんさんはそのことを認めたうえでブログを書かれていた。

正直、あの時私は何を感じ、何を思っていたのか今は思い出せない。
きっと、何も感じられない、、、感じることを知らなかったのかも知れない。
ただ、”学校へ行かせたい”それにはどうすればいいのかとその方法を知ることを
求めていた。
 
 りんりんさんへのブログにコメントを書くにも私は戸惑った。
あまりネットに良いイメージもなかったし事件沙汰になってるニュースを
見ていたし、知らない人とコミュニケーションをとること事態私にとって
ご法度だった。 それでなくても人見知りな私なのに、、、。
だけど、どうしてもブログに”ありがとう”を伝えたくてドキドキしながら意を決して
コメントさせてもらった。
 その時からコメントのやり取りからメール、チャット。。。
外出の出来ない私にとって唯一の人とコミュニケーションがとれる手段でもあり、しかも
気持ちを分かってもらえ、解らないこと、知りたいこと、相談や雑談。最初は緊張しながら
だったけど回を重ねる度に冗談も言えるようになっていった。

 完全に学校へ行かなくなった長男・・・私も少し諦めも感じていた。
次第に長男の体調はよくなったけど、それと同時にチック症状が出だした。
爪かみ、指しゃぶり、身体をくねくねと動かす動作、Tシャツの袖を噛んだり・・・
言うと余計ひどくなると聞いてたので見て見ぬ振をしてたけど私の視線は
冷たかっただろうと思う。
 そして 家で1日中ゲームしたりテレビ見たりするところを見ると心配な気持ちと
”こんなに元気なのにどうして学校いけないんだ”という入り混じった気持ちが
苛立ちとなった。
 学校から帰ってきた次男にも抱きついたり、遊びに行こうとすると”行くな”と命令し
ちょっかいを出し、私さえも次男に長男と遊ぶように仕向け我慢させた。
次男の気持ちを思うと謝って済まされる事ではない・・・今はそう思います。
 
 この頃から、長男と次男の接し方が私には分からなくなっていました。

長男に対しては ”好きなようにやればいいよ” 的な態度。
次男にたいしては ”期待してるよ。頑張ってね” 的な態度。
いつしかギャップある対応は息子達を混乱させ苦しめていった。
長男が言ったこたは無表情にその通りにする、次男に対しては笑顔で”頑張ったね~”と
褒め、息子達お互いがお互いを嫉妬するようになっていった。
兄弟ゲンカが絶えず理由を聞いては私が”どちらが悪いのか・・・”とジャッジしていた。
息子達がしたくないケンカを せざるを得ない状態や気持も分ってあげることもできない私でした。

この頃から次男の変化を私は感じていた。
連絡長を書かなかったり、トラブルがあったと担任から聞いたり、
それでも私は、”次男は長男と性格も質も違うから ”次男に限って・・・”と
そこでも、次男の変化を見逃した、、、というより見ないようにし
次男にも私のその思い込みを押しつけた。
 長男が学校へ行けないことで頑張って行っている次男を擁護し
次男を思いっきり褒め、”次男に期待してるよ”と言わんばかりの態度を長男に
見せつけてたのだと思う。
 長男はよく”オレなんかどうなっても・・・”とか”オレばっかり、、、オレだけ、、、”
と自分の存在を私たちがどう思っているのかと試す言葉を出したりし
次男は頑張ることで私たちの気を引こうと、、、頑張らなければ私の笑顔がなくなると
感じていたのかも知れない。”頑張る自分”を演じながら 次男が自分の心と、、、
私を守る為にはそうするしかなかった。


 表情や態度は言葉以上に人の心を傷つけ落としいれる威力を持つのだと思います。

 
そんなこんなで年が明けた頃(2009年)長男の体調は日に日に良くなり
お腹をさすることも1週間に1度から2週間に1度のなりこの頃には
1カ月に1度ぐらいのペースになっていったと思います。
だけど、私自身は何の変化もなく以前 心配や不安を抱え何をどうすればいいのか分からない。
何が正しくて何が悪いのか、黒か白・・・はっきりさせたいということだけを
意識していたように思います。
 私達の間違った”しつけや子育て”から不登校にさせてしまったということや
私の育った環境が何か影響を及ぼしているんではないかということを感じてきては
いたけどそこを見ないようにしていたのかも知れない。

 そしてミクシーでブログを開設したと同時に親子カウンセリングを受けるようになった。




 
 

 
 




 




 

 

 



 
 









 





 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。