2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コンプレックス
2013/03/15(Fri)
先日のセッションで私のコンプレックスを言えた。

このことは今までのセッションでも何度か話をしたこがあると
思うのだけど、私の話し方、受け答えがあまりにも
サラ~っとした感じで対応し誰にもコンプレックスだと
思わせないように振る舞い大したことではない感覚を
醸し出し、そこにふれて欲しくない、バレることを恐れ
知られたくないがために無意識にクールに話を
流していったと思います。

今までずっと、コンプレックスを押し込め誰にも言えず
怯え自分を守ってきた。
隠すことで人との関わりを遮断したり
拒否したりと好きな人や仲良くなっていく相手に
コンプレックスを隠す為、自分の気持ちに蓋をし
相手にもウソついたりすことが身についてしまった。
人と関わっていく中で深い仲になればなるほど
隠すことを強化することとなり、
誤魔化すエネルギーも半端ない^^;

自分が自分を苦しくしていく感覚・・・
比例するように私自身が頑なになっていくことは感じては
いたけど、どうしても言えない、、、
言えたらどんなに楽だろう。
そんなことも思っていた。


コンプレックスを誤魔化すことで
見栄をはったり、上から目線で人と接すること、
傲慢な態度、ステイタス、プライド、・・・
それは、コンプレックスを偽装し自分を守るためでした。

コンプレックスが相手にバレたらどうしよう
嫌われたらどうしよう…
私のことどう思うだろう…
馬鹿にされたらどうしよう…

コンプレックスを人に話すこと、バレることの
恐怖は半端なく怖い。
人と比べることで自分が自分の心を傷つけていく。。。
隠していることを隠す繰り返しだった。

人それぞれにコンプレックスは違うけれど
誰しも大きくも小さくもコンプレックスを抱えて
いるような気がする。
同じようなコンプレックスを持ってる人も
たくさんいる。
そこをオープンに出来るか出来ないか
自身が話せるか話せないか
話せる相手がいるかいないかでは
自分の気持ちの持ちようも随分違ってくると思う。

コンプレックスを言えず隠してること・・・
知られてしまう恐怖が
人との距離を近づけなかったり
拒否したり遮断することにもなり兼ねないのでは
ないかと感じます。

私が今回、話せたことで私自身が緩み
比較されてつらかったこと、
あんなこともあった、
こんなこともあったと色んな記憶が出てきて
悲しいことではあったけど
コンプレックスを面白楽しく話せました。
話せたことでまた一つ心の負担がなくなり
荷物を降ろせた感じがします。

似たような環境にいたことで
おなじような話も聞かせてくれて
「気持ちわかるよ」と
屈辱感や恥ずかしさを共感でき
一致感を感じることもできました。

息子たちの不登校も私がコンプレックスに
してたように思います。
学校へ行ってないことを知られたくない、
触れられたくないと隠したり誤魔化したり・・・
みんなに言わないけない、
どうして不登校になったのかも言わなきゃいけない、
自分の育生暦から話さなきゃ、、、
という律義的な配列や極端な思考も自分を委縮させ、
反対に息子達や相手にも求め委縮させていたのでは
ないかと思います。

これからも大きくも小さくも
コンプレックスは感じていくだろうし
まだまだ、見つかるだろうな~
その時は話せる相手に話してみる!
話してみないと分からない。
話してみると案外、自分が感じてる重さより
相手はそうでもない~ってことも
あったりね^^
話せる相手が一人より二人、二人より三人と
広げることができたなら気持ちも
自由になって軽くなるのかなと思う。


確かに話すことは痛みもあるし勇気もいる。
だけど言えた自分、言えた後のスッキリした感覚を
大切にしていきたい。
スポンサーサイト
この記事のURL | 記憶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トゲと罪悪感
2012/10/24(Wed)
 私はあの時からずっと1つの記憶と一緒に隣り合わせで生きてきた。

忘れたいけど忘れようとしても、どうしてもまとわりついてくる記憶。

私が高2の時、母は私たちを置いて飛び出すように出て行った。

その数ヶ月後のこと、電話が鳴った時、瞬時に嫌な予感がした。。。

母からだった。私の声を聞いた母は

 母「○○ちゃん?元気?」

 私「・・・・・」

 母の声を聞いた瞬間、私の今まで我慢していた感情が足のつま先から徐々に
マグマみたいなドロドロした感情が込み上げてくるのを感じた。

 母「もしもし?怒ってるんでしょ?・・・ごめんね・・・」

他にも、何か言っていただろうけど覚えていることはこれが精一杯。

母から何を聞かれても言われても、耳に入ってこない。
声をだすと自分がどうにかなりそうで崩れそうで何も言わず黙って聞いていた。

心の中は(お願い…電話を早く切って!!)

だけど、母は私に話しかけることを止めなかった。

 感情がどんどん上へ上へやってくる。

胸に熱い物が込み上げた時には、血相変わった自分が


 私「あんた、それでも母親なん?!もう あんたの声なんか聞きたくない!!
   あんたは、家族を捨てたんよ!!二度と、会いたくない!二度と連絡してこんで!」

 私から電話を殴りつけるように受話器を叩きつけ置いた。

そんな言葉を言わせた母に対して、言った自分にも悔しくて、情けなくて・・・
その時の感情は怒りを通り越して憎しみの方が近かった。


 電話の向こうで、母は「ごめんね・・・」と何度もいいながら泣いていた。

 電話を切った後、私も涙が枯れるまで声を張り上げて号泣した。
母に反抗したことも、泣き疲れたのも、これが最初で最後だったのかもしれない。

 母に罵声と暴言を言い放った自分に対しての自責の念と罪悪感は半端なかった。
脱落感で頭が真っ白になってしばらく動けなかった。
言った後の気持ち悪さは今でも感情の記憶として身体が覚えてる。


 母に言った言葉のトゲは、罪悪感として自分に返ってきたきたけれど
 私の心を守る為には言わざるを得なかった。
 言わなければ自分が壊れそうで・・・
 私が私でいられない・・・苦しく辛かった、、、悲しかった。

 その罪悪感と二十数年間ずっと一緒に生きてきた。

 もう 自分を許そう。
 
罪悪感から解放出来る時が来たのかな・・・

やっと、そう思える私になれそうな気がする。

 

 



 


 

 

   
   
  

 


 
この記事のURL | 記憶 | CM(1) | TB(1) | ▲ top
亥の子
2010/10/05(Tue)
 秋・・・私は季節の中でも一番好きかもしれません。
この季節に思いだすことがあります。。。

 子供の子頃、季節をとおして子供町内会で行事がありました。
1年生から6年生までいつも楽しみにしていたこを覚えています。

春には新しく新一年生を迎える歓迎会、高学年になると少し年上気分が
目覚めてきます。

夏は夏休みにあるラジオ体操。。。番地ずつに何列もありその先頭に立つのは6年生の特権。
対面に向き体操のお手本を見せる。最後は体操カードにハンコを押すことが何故かとても
楽しかった。 そして夏休みの最後に日は袋詰めしたお菓子とアイス1本がもらえた。

冬にはクリスマス会、送迎会、とんど とたくさんの行事がありました。

秋。。。私が一番好きな行事でもあり一番記憶に残ってる”亥の子(いのこ)祭り”
という行事がありました。

 少し肌寒い朝、みんなお揃いのはっぴをきて近所の広場に集まります。

子供やおじちゃんおばちゃん、赤ちゃんも。色とりどりのおみこしや太鼓、
誘導笛の音、神様に感謝の意を表す笹の木。
 その横でおむすびや煮炊きをしているおばあちゃん達も。。。
わいわい、がやがやと町内はお祭り一色に染まります。

 私達子供は、そのおみこしを担ぐわけではなく、綱をドッジボールぐらいの
石にくくり そこから四方八方に20本ぐらいの縄が出ておりその縄を持ちみんなで
上下に動かし思いっきり力を出しながら
”い~のこ、いのこ 亥の子餅ついて 繁盛せい~繁盛せ~”と歌い、数回ほど
地面にたたきつけ、大きな穴凹が出来た家ほど繁盛し健康な年を迎えられるという
この地域のお祭りなのです。
  自分の家の地面には人一倍の力を出し、お金持ち風の家には力を出さず、、、
そんないやらしい下心さえあったことも覚えております(^^;)ハイ、、、

 数十件ほど周り、私達はお腹をすかせ元の広場に帰り、
おばちゃん達が煮炊きし用意してくれていたおむすびやぜんざいをみんなで食べ
最後に袋詰めのお菓子をもらって帰るのです。。。

 この季節、私の住んでる町内にも各家に綱と白い紙が配られます。
秋の空気を感じるとふと思いだします。

 そして、楽しかったお祭り記憶から私に伝わったもの。。。それは
秋の空気匂い、肌寒さが心地よいと思うのは祭りに行く前のわくわく感に似ている。
家族でお祭りに行くことが楽しみなのは記憶にあった集う場所が楽しかったから。
息子達の友達が遊びに来ると時々、チョコ、ラムネ、クッキー、おせんべい、ガム。。。と
色んなお菓子袋詰めする私・・・
そんな自分も楽しいし、手渡した時、子供達の笑顔をみることも嬉しい^^
ぜんざい好きはここからきている暖かい味なのかも知れません。
 

季節に出逢ったたくさんの行事は私にとって今、とても大切な記憶と思い出になりました。



 今では子供も少なくなったせいか、うちの家もそうですが習い事
優先にしてしまう家庭も多く参加することもなくて・・・
 (実は、、、うちの息子達も子供会に入会していません・・・

 そしてどの町内事態も風流な行事も昔ほど賑わいを感じない気がします、、、
私がいうのもどうかと思ううけれど少し、寂しい気がしてきます。
この寂しい気持は、”息子達にも味あわせてあげたかったなあ~”
と自分が楽しく思っていたことを伝えられなかったことから感じた思いだと
思います。

 
 記憶を掘り起こしながら感じ、楽しかった感情を伝えていくことが今から
私に出来ることだと思います。






 

 

 

この記事のURL | 記憶 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。