2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コンプレックスと核
2014/03/03(Mon)
先日のセッションでコンプレックスの話がでたので振り返りとして
少し書きとめておこうと思います。


たぶん、ほとんどの方が多なかれ少なかれコンプレックスを
持っていることと思います。
人によってコンプレックスの持ち方に
”浅さ深さ”があり言葉の表現として私的にはフィット感あります。
また、浅い深いに比例して外面・内面として現れるのではないかと感じます。


内面を例えて、分かりやすいとこで自分の容姿だったり
人に見られたくない、知られたくない事、触れられたくない事柄などなど・・・
内面にある自から作り出すコンプレックス。
その内面の裏側にひっついてくる外面を例に挙げるとするなら
相手からどう思われているか、相手からの評価、相手との違い、相手との比較
など、相手(外面)を意識してしまうことで自ら生み出す劣等感(負の思考)
を人との会話の中で起きているのではないかと思います。

もしかすると”負の思考”事態も自身のコンプレックスにしてしまう可能性も
ありうるような感じもします。
なので”コンプレックスは自虐の第一歩”
まるで、赤信号、みんなで渡れば怖くないぐらいのような・・・


私もかつて貧乏だったこと、ボロ家、学力・・・親が離婚したことが
コンプレックスだったということをセッションで知ることができました。

あ、あとペチャパイちうことも~笑( *´艸`)例えが昭和チックだが
反対にデカパイの方もコンプレックスを持つ方もいらっしゃるやもしれませんね。
まぁ、私からしてみると「大きくて服が入らないのよね~
「肩が凝るわ~」などと言ってみたい。。。(ーー゛)
経験したことないんで羨ましいッス(≧▽≦)

この部分は、どなたかに?!に自虐ネタで毎回のように
”ペチャパイをみんなで言えば怖くない同盟”的な仲間に
いつの間にか入れられ(笑) 今や耐久力もつき
一緒になって いじけと自虐のハーフハーフ
で楽しんどりますが(≧▽≦)

貧乏やボロい家は見られたくない、知られたくない、
学力は相手との比較や評価を気にして
親の離婚は人との違いを感じ、そこを感じたくないために
強がることでプライドを強化していったり
ペチャパイは・・・・触れないで~~と(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
相手からは感覚的に冗談でも言えない空気を私が
醸し出していたんだと思います。

私を含めてAⅭさんは 
コンプレックスを言えないことで感情を封鎖し我慢を溜めこみ
悶々とする気持ちが苦しくなり、癖や逃避することと
なるのですが、真の感情や根本の我慢は解消されず、むしろ抑え込む
ことになるので、その反動として
誰かに分からせたい、分かってほしいと訴えるのですが・・・

癖や逃避は最終的に
誰に言っても分かってもらえない
分かるはずがない、仕方のない環境だった、私だけこうなんだ、
これが普通の事、これが私の当り前、、、と諦めやすり替えることで
最も本人にとって出しやすい相手に言葉や応対にも威嚇やトゲ、殺気等で
周りを巻き込むという悪循環は自ら作っているということ。
そして関係性が近ければ近くなるほど強く出てしまうのではないかと感じます。

”コンプレックスを言えない”が続くことで人との会話や
やり取りの中で日常茶飯事に起きていて,それは幼少期の育生暦や
身近な相手とのやり取りの中で傷つき、辛い、苦しい、悲しい、悔しい出来事が
言えないコンプレックスとして深く深く たくさん抱えてしまい
思い出したくない記憶、感情があまりにも多すぎて
そんな積み重ねでますます言えなくなり、それを言うことは
封じ込んでいた記憶や感情=核に近づくこととなるので
本心(気持ち)を言うこと、話すことは”恐怖”となるのです。

今まで自分が普通だと思い込んでやり過ごしてきたことが
それぞれの時期もありますが子育て、親子間、夫婦間、友人間などの
ズレや違和感を感じ、周りと合わせようと無理ポジな自分を演じ強化していく・・・


きっと、一般の方はこれらのコンプレックスを浅く捉えてることもでき
相手からの思考をあまり感じることなく話すことで
気持ちの感情解放ができ、相手との関係を遮断するようなことは
しないのではないかと思います。


人との会話の中で自分で出した言葉や相手に言った言葉に
責任を持つ(どうして言ったのか?どう感じているのかという説明する)
ことを誰かに話すことで気持ちを整理することにもなり
自分の中に自然と入っていき意識できていくのかと
経験してみて感じることおおいにあります。
そして、自分が発した言葉は自分を気づかせることにもなり
相手から不快や嫌悪感ある言葉や対応だと感じたならば
そう感じる何らかの理由があるはず。


オープンに話せる相手、信用できる相手が一人でもいれば、
大きな支えとなってコンプレックスの深い部分を浅くできるのだと感じます。
まずは、誰かに話してみること。
間違っても、失敗しても、はずかしくても言ってみることで
気持ちが開いた状態になり
核を捉えることのできる一歩になるのかもしれません。














スポンサーサイト
この記事のURL | ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年も。。。
2013/01/08(Tue)
 またまた久しぶりの更新です^^;

 すっかり年も明けて、年になっちゃいましたね~
干支にちなんで今年は執念深く?!根気強く 色々とチャレンジしていきたいなぁ


 ここで、ちと昨年を振り返って見たいと思います。(一人新年会か!(笑)

昨年はこれまで3年間セッションを続けた中で
一番キツ~~~い年だったなあ~><
セッション前は毎回、”今日は何言われるんだろ~”と
手に汗握りながら、ドキドキしながら挑んでた、、、というのが
正直な気持ち。
3年目にしてやっ真正面から自分と向き合えたのもここ半年ぐらい。


 なにがキツイって、、、

私自身が持つ嫌悪する部分や癖、不快なことや触れられたくない事を
自ら直球に知ることとなり、気付いてしまったこと
その度にヘコみ、傷つき、薄くなる(空虚)状態に・・・
人と会いたくない、話したくない~と突っ張ねて
自分から人から距離を置き、拒否する。

けど、もっとキツかったのはそこから><

 最初の二年間は薄くなる意味もわからず、なじぇに薄くなるのかも・・・
安全な居場所、逃がれる方法と誤魔化す言葉を自分で作りだし
持ち合わせていた。
これでもか!とさらに安全な場所を作ろうと
広げ逃げていたのかもしれない。
 
この1年はそこを封鎖された。
セッションの度に負の自分を知って、見て、気付く作業・・・
出口を塞がれた感覚は迷路の中をグルグル彷徨い
抜け出す場所がない感覚に似てる。上下左右、壁ばかりで
意識したくなくても意識せざるを得ない状態。

 ”意識したくない”はそんな自分を見たくない!認めたくない!
そして、自分を変えたくない・・・変わる(崩れる)ことが怖かった。
一つ一つのことを意識していくごとに逃げ道もなくなり
逃げることが出来なくなった。
 日常生活において、常に自分を意識してることに投げやりになったり
逃げ道を探したり、実際、逃げたり^^; もう無理~と諦めに入ったり
やめたくなったりの狭間で葛藤したこの1年。。。
 
 時には喝!が入ったこともありました(笑)
 一緒に頑張ろうと励ましてくれたり、夜な夜な話に付き合ってくれたり
楽しい時間を共にしてくれた仲間にも支えられ

負の感覚も癖も捉え方も、分かってても出来ない!という
部分も それぞれに違うけど同じように辛く、苦しんでることは
一緒なんだと感じることができた。


 キツイながらも、そこに足を一歩踏み入れると
やるしかない!変ろう!という気持ちになれたのは
”絶対的な存在”で居てくれた きんさんと、りんりんさんの存在ありき。
どんなことがあっても、何があっても揺るがない安定感で
見守り、支えてもらえる感覚が心に浸透したのはつい最近。

 その時期から、自分の凍りついてた感情が少しづつ
解け始めたのを感じ、暖かい自分をも感じることもできた。


 悲しいときは悲しい
 辛いときは辛い
 苦しいときは苦しい
 寂しいときは寂しい
 溜め込まず、我慢せずに言えること・・・

 今までずっと心の奥底に押し込んで言えなかった感情たち。
 これからは少しづつ重い荷物を降ろして行こう。

 
 人の存在が、人と人との繋がりが暖かさがかな心の安定感をもたらし
 自分が暖かくなり緩み、相手にも伝わるはず。

 暖かくなった気持ちいい感覚を忘れず、
 楽しいこと、辛いこと、苦しいこと、
 してもらったことをなかったことにせず
 揺るがない自分になりたい。。。今年の目標でつ^^
 
 長~い一人新年会になっちまった(笑)ぷぷ

 皆々様今年もよろしくお願いしま~すm(__)m

 

 



 






 

この記事のURL | ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一番大切にすべきもの
2011/07/06(Wed)
 最近、平日の朝は毎日のように日課化してしまってる

 ピグライフ→サン牧→あなここメンバーのブログチェックを家事の合間に
ごそごそと動いております

 その中で会話の他にも相手方のオススメブログや
歌、趣味、香り、食べ物、色、部屋など見たり、聴いたりと
相手方を感じることは=興味を持つことに繋がるんじゃないかと思います。

 りんりんさんの”ゆるここ”でオススメされていたブログで
恋人~夫婦間の悩みブログに書かれていたように
結婚、不倫、離婚、貢ぎ貢がれ恋愛等をカウンセリングを元に
ブログ化し面白可笑しく真剣にお気楽風に
書かれてるな~私も見入ってしまいました^^

 そして、その中の内容に私にも恋愛経験~結婚(現在進行中のものも)笑
相談した~い!!!ってのも、勿論ございますです^^

 どんな話って?!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!    そこは触れるんじゃない

ともかく、大きかれ小さかれ男と女の間には 
”ずっと幸せ~~
ってことはほとんど不可能なんじゃないか。。。。
と未熟な私が思っていることですが^^;

 恋人であっても、夫婦であってもなんらかの問題が起こることで自分を
振り返るようにと成長させてくれる試練なんじゃないかと。。。  
今はそう思うえるようになりました。
問題を乗り越えるか、乗り越えれないか、または
乗り越えたいのか、乗り越えたくないのか答えは自分自身なんだなぁ~
子供のころにどちらにしようか決める時(テストでもやってましたね
♪ど~ち~ら~にしようかな~天の神様の言う通り~ 鉄砲撃ってバンバンバン♪
って歌ってたな~(笑)
 
 自分は、どうしたいのか? 迷った時、悩んだ時、苦しい時
話を聞いてもらうだけでも気持ちが落ち着きますね~^^

 話はめ~っちゃずれましたが^^;(いつものことじゃけど、、、)

 りんりんさんからオススメあったブログ、結構 膨大に記事があるのだけど
私は先に、自分にあてはまりそうな記事を攻めて行こうかと^^

 その中に2011-2-21に書かれている
”一番大切にすべきもの”という記事に出会うことができました。
 今現在も今後も私の一つのキーワードのなってくるのは間違いないと感じます。

お時間あれば、訪問されてはいかがでしょうか~♪^^



 

 


 
 
この記事のURL | ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
何気ない一言
2011/06/30(Thu)
 最近、ピグやピグライフにてお話をすることが増えてきました。
 
 あなここメンバーの方との会話中にある言葉を受けて
ちと、モワ~とした感覚になりました。
 
 何気ない一言だったのだろうけど 
イラ?なのか ムカ?なのか う~ん・・・ ズキ~ン(;;)これだ!
 私のことを言われたわけじゃないのだけれど
否定された感じがする。

 
 だけど、私もこの言葉を今までに何度使ったことやら、、、><

 自分の何気ない一言が相手をどれだけ傷つけてしまったんだろうな~
私はこうなの! 私はあ~なの! 聞かれてもないのに自分の意見を押し付けちゃ
~会話が成り立つどころか何も言えなくなってしまう。


 子供のころ母と話ていた時に私は何故かいつも、母からの会話の返しに
「うそ~?!」と言っていたら
母は「うそ、うそ、うそ、うそ、うるさいね~!ホントよ!!(怒)」と
叱られたことがありその言葉にびっくりして
それ以来、少しの間、母との会話の返事に戸惑っていたように思います。
その光景は今でも記憶にあることで、、、

 私だけじゃなく友達や息子たちの会話しいてよく、「うそ~!?」という
返事を受けることもあるし私自身も言うことあると思うけど
そもそも、あの 「うっそ~?! まじ~?」はどうしてでてくるんだろうな~と^^;
 今はそう返されても普通にスルー出来る言葉ではあるんだけど
母から言われてズキ~ンとした感覚を思い出したのでした。


この記事のURL | ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一人が好き
2011/04/08(Fri)
 皆様、お久しぶり^^

や~~~っと、パソコン復活です♪

とはいっても、3月末には手元にあったのですが、なんせ初期設定からなんで
めんどくさがり屋の私にとって、何もかもを設定することは かなり苦痛でして、、、(*_*)
もうお手上げ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/と妹にヘルプして^^;

 さすがに1カ月以上もパソコンにかかわらないでいると使えなくなった時期と
はかなりの気持ちの差が違います。
 使えなくなった初めごろは、パソコン使えないこと事態に寂しかったり、
何をしていいんだ(゜_゜)???みたいな感覚でしたがないことに慣れると
パソコンに縛られていた感が出てきてちょっと楽~な気持ちが出てきました。
 そこには、たぶん 人と接することや自分と向き合わなくて済むことに
楽な気持ちを感じたのだと思います。
そして、なにより感じたのは”一人が心地よい”こと・・・

 大勢でわいわいと話ししたりはしゃいだりすることも好きだけど
一人でいることはそれ以上に好きなのかもしれない。

そこは、かつて私が幼い時に居た場所。

 母親に怒られて暗い押し入れだったり、玄関の外だったり
離れのお風呂場、部屋の2階や屋根の上。

一人になれる自分の居場所がたくさんできた。

自分の心身を落ち着かせる場所。

自分の心を逃げ込ませる場所。

自分の気持ちを払拭させる場所。

他者を傷つけることはない場所。

 そうなれないことに いらついたり、誤解されたり・・・

そういう時間もあっていいんだ 欲しい時だってある 必要なときだってある
 
ちゃんと伝えなきゃね^^



この記事のURL | ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。