2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
every
2013/03/20(Wed)
昨日は次男の卒業式でした^^

 朝から暖かい春の陽気に包まれ着慣れないスーツ着て
ワクワクしながら楽し気にいつもより早く登校しました。

3年生の途中から4年生まで不登校で
5年生から徐々に行けるようになり
6年生では、ほとんど行くことができました。

傍で見ていて無理や我慢をしてること
笑顔を作っていることは感じていました。
自分事じゃなく家族の心配をし不安や寂しい
感情を偽り我慢して明るく振る舞い
自分がムードメーカーでいることで家族を守ろうと
いい子であり続けようとしていたと思います。
そうさせていた自分に気づき今は修正している日々です。

ある時、次男が言いました。

「オレがだめになったらたら家族が崩れる」
その言葉を聞いて胸が痛かった。
次男にも、それだけの不安と怖さを抱えさせて
しまってた。

そんな痛い言葉を聞いた頃の私は子供たちにしてきた事の
重大さを少しづつ認めはじめることができるようなり
”このままではいけない”
”変わりたい!”
と少しづつ決意出来てきた時期だったと思います。
そして次男が”やっと言えた言葉”だったのかもしれません。
毎回、自分を知っていくこと、それを認めざるえない
落ち込むセッションに何度も逃げ出したい・・・と思い
自分と向き合うことがつらくて
言われたことに撃沈し薄くなっていた私ですが
キツいセッションでも自分と向き合えるようになったのも
この頃だと思います。
今でも危うい時もしばしばですが^^;


この2年、次男を見ていて無理したり、
我慢もしていたけど学校復帰できたのは本人の
「やるぞ~!」の頑張りあってのことでもありました。
私もそんな頑張る姿に随分と助けられ、逆に頑張る勇気も
もらったほどです^^;(どんな、親じゃいっ)

そして別れ際マジックに弱い私はそのことを頭の片隅に
置きながら卒業式に参列。
次男の身体と心の成長と今までの想いとで
授与式に名前を呼ばれ、大きな声で「はい!」と
緊張しながらも胸を張り堂々としてる姿をみると
熱いものがこみ上げて胸がいっぱいになりました。


式を終え、校庭で保護者たちの花道が自然とでき
その間を先生と子供たちが拍手と”おめでとう”の声と
”がんばれ”の声援に包まれて笑顔あり、涙あり。。。
みんな、可愛いかった♪


そのあと子供同士でじゃれ合ったり、ハイタッチや
肩組んだり、、、保護者達もあちこちで会話に花が咲き
写真撮影に忙しく(笑)先生も引っ張りだこでした^^

そんな温かな雰囲気に包まれ穏やかな気持ちの私は
どこか晴ればれとした感覚があり、寂しさを
感じることなく終始、笑顔でいれた日となりました。


次男の担任のB先生には本当にお世話になり
次男の気持ちを優先しながら、押し出しも
してくれ、話す機会の多かった私は、先生の
ひょうきんで、面白く自分の意思をしっかり
伝えてくれ男気のある女性の先生でした(笑)
次男も私も大好きな先生です。
Greeeen好きなのも一緒でした^^

クラスで毎朝歌い、運動会、音楽会、
そして卒業式の退場曲にもなった歌。
B先生が子供たちへ伝えたかった詞だろうな~と。
今の私にもフィットする曲です^^

卒業おめでとう
そして。。。壁を越えようとする人たちへ





いつもそうさ
ほら今この時だって 過ぎ去った風になって
あれやこれを考えて 今日もまた日が暮れて
なぜか僕ら生まれて 意味を求めさまよって
僕はここにいるよって 強がって涙が出た

限られた時間の中で
このままじゃいけないって事を知った
僕たちの 行くべき未来は
今この時と繋がっていて 大切な夢叶えるため
ガムシャラな僕らのevery day

何かが違うんだって 実は分かっていたって
僕らはとても弱くて 逃げるように流されて
いつかはやってやるって 言い訳ばかり探して
今やれないことなんて いつまでも出来ないから

限られた時間は決して
僕らを裏切りはしないと信じた
僕たちの行くべき未来を 日々の僕らを見守っていよう
涙すら味方につけよう 
ガムシャラな僕らのevery day

日々を生き抜いてやれ
見せつけんだ
wo wo wo our everyday
wo wo wo our everyday
wo wo wo our everyday
wo wo wo our everyday

不安だらけの日々って 明日さえわからなくて
こんなにも怖くて? やりきることだけなんで

限られた時間は今日も すぐに過ぎ去っていくから
そうさ 僕たちは行くべき未来を
すぐそばにあることと気付いて
その足を踏み出す力は
誰にでもあると信じて

さぁ行こう きっと出来るはず
わからずやな自分を蹴飛ばして
目の前に広がる未来は 今この時が道標
きっとやるだけやったら笑えるさ
wo wo wo our everyday
wo wo wo our everyday
wo wo wo our everyday
wo wo wo our everyday


スポンサーサイト
この記事のURL | 次男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野活
2011/07/05(Tue)
今日から次男君は2泊3日の野活です^^

 昨夜は洪水警報が出されたほどの大雨の中で
「明日、晴れんかなぁ~」と不安げに眠りについたけど・・・

今朝は、見事に爽快の朝!梅雨明け???ぐらいに
カラっと晴れて少し肌寒い風が気持ちいい~

いつもより1時間早く起きてソワソワモード^^
昨日の買い物時に
次「明日の朝は、母さんの手作りのホットケーキが食べたいな~ 元気が出るし
私「OK~じゃ、牛乳買っとかんといけんね~^^」
と今朝はホットケーキを作り食べ終わっても7時過ぎ^^;

 日曜日から自分で野活へ持って行くものを栞にチェックしながら
スポーツバックに詰め込み、足りないものは買い物で補充^^

次「母ちゃ~ん、忘れ物がないか一緒に見て~」
私「いいよ~^^」
次「オレは生活係じゃけ、何も持って行くもんないけど誰かがケガしたら
  いけんけ~バンドエイド持って行こう~」
 そ、それはキミが使うことになるんじゃないのかい?! と思いながら、
私「そうか~ 気が利くじゃ~ん!やっさしい~~^^」と
  たくさんのバンドエイドとシップをバックに詰め込んだ。

 最後に上靴と赤白帽子を入れ、小柄な次男が自分が傾くぐらいの大きなバックを持ち
「行ってきま~す!!」と楽しげな笑顔で家を出た。

私「楽しんでおいで~ いってらっしゃ~い ^^」
と今日は次男が見えなくなるまで見送ったのでした。





この記事のURL | 次男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なんだ?!それ・・・
2010/12/02(Thu)
 昨日、次男が学校から帰って一番に話してくれたことです。
なが~い会話ですがお読みください^^
皆様それぞれにどう感じられるかな~


次「今日ね~学校で感動することが起こったんよ~」

アイ母「なになに~?」

次「O先生(担任先生)がね、
  「先生はもう、これ以上やれることはしました。
   ”みんなの先生を辞めます”と校長先生と教頭先生に言ってきます」って
   教室を出て行って、男子と女子の一部が泣いてね~ 先生のところに行って
   「戻ってきて来てください」ってお願いしに行ってんよ」

アイ母「・・・どうして、先生はそんなこと言ったん?」

次「A君とB君がいつもケンカするんよ。
  そんで~先生は4年1組を良いクラスに作りたいって
  思ってるのにそうやってケンカするけ~じゃない?!」

アイ母「それで、先生がそう言ったん?! その時、次男はどう感じた?」

次「A君とB君がケンカするのが悪いって思った。
  完ぺきにA君が悪いらしいよ。」

アイ母「次男、ケンカしてる時はどうしてたん?」
  (この問いは次男がこのケンカに関わっていたのかと知りたかったのです・・・反省)

次「外で遊んでて帰ってきたら そうなっとった、、、」

アイ母「そりゃ、帰ってそうなってたらビックリだね~^^;
    だけど、ケンカしてる以外の次男や他の子には関係ないし・・・???」
    (この、問いかけの”関係ないし”は無関心語録の為、言った直後、反省(;;))

次「そうじゃけど、4年1組のことだし・・・」

アイ母「そうか~ クラスの問題になるのか~(*_*;
    それでO先生が教室出て行ってどう思った?」

次「そりゃ、ヤバイ!って思ったよ~」

アイ母「どうして?」

次男「だって~O先生がおらんくなったら、授業ができんくなるじゃん?!
   それに4年1組どうなるん・・・?」

アイ母「そうか~ 次男はクラスを大事にしてるんじゃね~^^
    〇〇先生いなくてもどうにかなるっしょ?」

次「いや~それは困る」

アイ母「そうなんじゃ^^先生含めて4年1組だもんね」

次「そうそう」

アイ母「っでさ~ どこが感動~って思ったん?」

次「そりゃ、感動~でしょ~?! だって、ほとんどの人が泣いてO先生に
  「辞めないで戻ってきて下さい」ってお願いしに行ったんよ~」

アイ母「ははは~ そういうことが感動だったんじゃ~^^」
    (みんなが一致団結してドラマチックな感じ風な空気感なのか?!)


 ”先生が教室から出て行った”
 ”校長先生と教頭先生に言いに行く”

と言う次男の言葉に違和感と少しの怒りを感じました。

以前、私も「この家から出てくからね!」と子供達に何度言ったことか・・・
出て行った振りだってしたことがあります。

この言葉や行動は自分の思い通りにならない怒りが”出て行く”と言う言葉で脅し
相手を自分の気持ちを強引に分からせる手法だと思います。

 そして自分より高い存在だと感じる他者を道具にする・・・

例えば、母親が「お父さんに言うよ!」とか
子供のケンカでも「お母さんに言ってやる!」
または、ケンカの強い友達、兄弟をだすこと
ママ友同士でも遠まわしにリーダー各の人と仲が良いことをアピールすることも
その中に当てはまるかも知れません。

私もそうしてきた事実、、、ございます^^;(爆)


 私がその場にいたわけでもないし、次男も友達のケンカをみてないことと
まだ4年生ということもあり私に伝えきれない部分もあると思います。
そして私も、まだまだ対話のなかでどう聞けばいいか?どんな言葉が栞になるのか?
相手の言葉や思いを感じながら自分と向き合うことに模索中です。

 今回、私が感じたこと。。。
そうした方法で先生の思う”良いクラス”になれるのか?!
はたまた、”良いクラス”ってどんなクラスなんだろう・・・
 そして、二人のケンカはクラス全員の問題なのだろうか? 
色々と疑問を持つ私なのだけど。。。
っと自分と向き合うことができるようになったから考えられることなんだけど。
 先生がその方法でクラスをまとめようと思ってやってることを子供たちが
どんな気持ちでいるかということに気付かないと難しい問題です、、、

 以前の私なら、こんなことがあると怒りが先にきて
「どうして、先生なのにそんなこというの?!」と自分を棚に上げて
感じたかもしれない。
今は少しのムカ!を”違和感”と捕え自分のことと照らし合わせることが
少しずつ出来るようになってきた。
 
 そして、それぞれ子供達はどう感じたのか。。。
A君とB君それぞれに言い分もあると思う。
以前、次男からそのA君は母親が今、刑務所にいて児童施設に預けられている子だと
聞いていたのでA君もたくさんの辛い感情や思いを抱えているのかな・・・と心が苦しく
胸に詰まる思いだった。

 みんなが、みんな悪いわけでも良いわけでもない。
それぞれに生きてきた環境に出てしまう思考、行動、言葉なんだな~と思いました。



 


 

 

この記事のURL | 次男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
次男の吐き出し
2010/06/02(Wed)
 ここ数日、青空が広がりとても良いお天気で”初夏”の匂いがします。

 先週金曜日、次男が社会見学へ行ったことを”足跡Ⅴ”の補足記事として書きました。
帰ってきて「楽しかった~!」と社会見学でのことを笑顔で楽しそうに話してる
次男を見て私も嬉しくて「そうか~良かったね~」なんて話を聞いていました。

 そして月曜日、朝から「腹痛い」「しんどい・・・」と次男。
息子達の様子を見ながら だいたい何を感じているのかと気持ちに寄り添えるように
心掛けるようになりました。

この、体調が悪いと訴えるのは私でいう”モヤモヤする”と同じことなんだと感じています。
そこで、私は「あ~そうか~ お腹痛いんだね~」と同調する。
そこから、次男の言葉は攻撃的・・・・
「うるさい」「オレの気持なんか分からない」挙句の果て「死ねや!ババア」なんて言葉
も出ることもあるし物に当たることもある。

そんな時、今の私は”来た~!”と感じ、次男の気持ちを引き出そうとする。
以前、この攻撃的な言葉に振り回され、あ~言えば、こ~言うと私もそのケンカごしの
態度や言葉に乗っかり 一緒になって言い合い
「好きにすれば?」「もう知らない!」と捨てゼリフを言って後で
後悔したり罪悪感に駆られたり、、、。

 この日もなんだかんだと言っていた次男に ただ、ただ、次男を見ながら うんうんと
うなずきながら話しを聞いていた。
次男は自分の膝を抱えながら「もう、オレ嫌だ・・・」と嗚咽しながら泣きだした。
私が「こっちに おいで」と次男を私の膝にらせて思いっきり抱きしめ背中をさすりながら
落ち着かせた。 すると次男は心の内を話しだした。

「みんながどうして学校に来ないんだ?と聞いてくる、、、けどオレは何も答えられない
オレは”学校行きたいのに行けない”って友達に言えない・・・どうしたら言えるの?
それに、先生も週に2日は絶対に学校に来いって言うし、、、
Y君には”来ないとダメ”と言われるし、、、これ以上 学校休んだら友達が
おらんく(いなく)なるし、嫌われてしまう・・・」と。

そんな次男の辛い気持ちを自分に重ねながら言った。
私「そうだったんだ。 頑張って言えたね~ じゃあ次男はさ、友達が
  ”どうして学校こないの?”って聞かれて何も言えないんだよね?どうして?」
次「分からない、、、」
私「分からないんだったら、そのまま”分からない”って言ったらどう? 分からないものは
  分からないんだから そのまま言えばいいじゃん。 その前にそう聞かれるのことは次男は
  どう思う?」
次「嫌だ」
私「じゃあ、その質問するのは止めて欲しいと言ってみたら?”嫌だ”ということは悪くないよ」

 すると、泣いていた次男が泣きやんだ。

私「だけど・・・”絶対来い”ってどうして先生はそんなこと言ったんだろうね~ 
  なんだその先生!」と私もムカついた気持ちを吐いた。

 私の推測ではあるけれど、社会見学に行き、それなりに楽しんだけれど
やはり友達からしてみれば遠足や行事には参加し学校へ来ないことは不思議なことで・・・
だけど、この問いにどうして聞いてくるのかと私が苛立っても、子供達には子供達の
思いがあるわけで、反対の立場でもそう感じるかも知れない。

次男は友達の問いに答えられないことの もどかしさや罪悪感を感じたりするのかと思います。

 そして、土曜日「宿題をしないといけない」と言っていた。
この言葉で、もしかすると先生の”週2日は絶対来て”という言葉からなのか
友達と月曜日に学校へ行くことを約束して帰り、そのことで次男にしか分からない
モヤモヤした気持ちが吐きだされたのかと思います。

 
 だけど、この対応に自信を持つことが出来ない自分もいて、、、不安な気持ちも
あるのです。
 だけど、こんな対応にも少しずつ失敗しながらでも慣れて行き軸をしっかり作っていくことが
”揺るがない自分”を育てるのだと思います。
失敗を無駄にぜず 次に繋げる会得とすれば失敗も罪悪感にはならない。
 
 自分の自信に繋げて行きたい・・・


 

 

 
 


 
 







 
 

 
 
この記事のURL | 次男 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
初☆ボイス ~次男の気持ち~
2010/04/17(Sat)
 ここ最近、日中 まったりと過ごしています。(私だけ?!)
そして、今の私はパソコンが無くてはならないアイテムになっています。
みなさんのブログをさまよったり過去の自分のブログを読み返したり。。。
何より、コミチャットやりんりんさんやきんたろうさんとのチャットやボイスは
とても楽しく私の気持も安心出来る言わば”居場所”になっています。
 だけど、昼夜逆転がなくなった今、私がパソコンへ逃げてただ移動しただけなんだと
感じています。
 今日、そのことが明らさまに突き付けられた気分です。
  
 
 チャット、、、息子達は私がニヤニヤしながら、時には笑い声を出して
キーを打つ姿を見ています。
ボイス、、、楽しそうにおしゃべりする私を不思議そうに見ています。

 次男「今日はりんりんさんとお話するの?」「りんりんさんとはお友達?」
最近、そんなことを良く聞いてくるのです。
今日も「ねぇ、りんりんさんと今度はいつ話すことになっとるん?」
私「まだ、決まってないよ^^ この前ね、りんりんさんと話してて兄ちゃんに
  話してみる?って聞いたら、照れて逃げてさぁ~^^」
次「そうなん?! おいらは 話せるかぁ~も知れん」
私「じゃ、今から聞いてみてあげようか?」
次「え?!今から?」
私「うん^^ どうする?
次「いや~緊張する・・・」
私「最初は緊張するよね~^^でも、話したら大丈夫よ~」

っとりんりんさんに”次男が話したいと・・・”とメールを入れると即効OK
緊張しつつも次男はりんりんさんとの対話を始めた。

 イヤホンをしていたのでりんりんさん声はしっかりとは聞けなかったけど
次男はとてもよく応答していたし自分の思ってること、気持ち愚痴までも
包み隠さず答えていた。
 内心、傍にいる私は何故かドキドキする、、、
だいたいの質問は次男が答えている内容を聞くとわかった。

 りんりんさんの質問に「好きな食べ物は?」だったと思うんだけど
その答えを「味噌汁」と答え味噌汁の具まで言っていた。
それは、昨日の夜作った味噌汁そのものでした。(朝も食べていた)
 思わず、その単純な可愛さに笑いが出た。
それとも、思いつかなかったのか・・・?!と思いながら^^;

 一言ひとことに私を思いやる気持ちや私が感じている次男とのずれや思いに
触れることができた。
 1時間もの時間をりんりんさんと話した次男。
話が途切れることもない会話にりんりんさんに感心してしまった・・・と言ったら
失礼にあたるかもしれないけど、見たことも会ったこともないりんりんさんに
そこまでの思いを伝えられた次男に私自身少し気持ちが沈む・・・というか
なんて言えばいいのかな。 ”私は今まで次男の何を感じてきたのだろう”という気持ち。

 ボイス後、私がりりんりんさんから言われたこと・・・
「次男君、寂しいね・・・すごく我慢してる。」
その言葉を聞いたとたん胸がいたたまれなくなり涙がこぼれた。
 それは、昨日 きんたろうさんからアイ母は”愛情不足”が原因と言われ
ピッタリと一致した感覚があった。

 私は知っていた。 息子達の、、、視線、態度、言葉で感じていた。  
だけど、見て見ぬ振りをし ずっと、ずっと感じないように。
私が親にして欲しかったこと・・・私がしてもらえてないのに
どうしてしないといけないのかという嫉妬。
息子達の笑顔を心から嬉しく思えない私もいた。

 りんりんさんと話してる次男の言葉に

「ぼくは母さんの笑顔が見れれば。。。嬉しそうな顔が見れたらそれでいい」

こんなにも、想ってくれてる・・・
本当は私達 親がそう思うべき立場じゃなきゃいけないのに。。。

そして、私とゲーム(Wii)がしたいそうだとりんりんさんから言われ
次男に「りんりんさんからきいたよ。 かあさんとゲームがしたかったんだって?
    一緒にやろう^^
    カツ、、、今まで我慢してたんだね~ 気付いてたけど
    答えられなかった・・・ごめんね・・・」と抱きしめて伝えたら泣きながら
    
    「かあさん・・・あ、、り、、がとう」と私を抱きしめてくれた。


そのあとは 一緒にゲームし「あ~ またりんりんさんとおじゃべりしたいな~」と               「母さんの楽しい気持がわかったよ^^」とか     
「しゃべったら心が落ち着いた~ 今日はいい日だな~」などと
会話の内容などを話してくれました^^
「次はきんたろうさんとおしゃべりしたいな~」と意欲的です。

 私が苦しんでいたこと・・・それは私が与えてもらえなかった愛情を
子供達に与えられなかったこと・・・。 ”愛情”さえも分からない時期もあった。

 だけど、私も全く与えてもらえてないはずはない。
こうして気付けたのだから・・・ 記憶を消してしまってるだけ。

暖かい記憶を感じることは
息子達に愛情を与えることであり、伝えることでもあるのです。
私達親も、息子達に暖かい記憶を残せるよう伝えて行かなくてはと思います。
「あの時は楽しかったね~ 面白かったね~」と何十回でも何百回でも・・・
暖かい記憶を残せるように。

 りんりんさん、ありがとう~♪







 














 

この記事のURL | 次男 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。