2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パニックに巻き込まれない その2
2014/08/27(Wed)
りんりんさんの記事に便乗~(笑)

高校1年生の息子が入寮して5か月が経ちました。
月に3~4度ほど帰宅しています。

つい先月、息子が帰宅していた時のこと

息子が帰ってくると普段より洗濯の量が多くなり、食事に華やかさを出す
生活リズムが狂います^^;
なんせ、帰る日が突然決まるということが多く・・・

ちょっとした愚痴(不快)をここで吐き出します(笑)

と、それはさておき

長男は視力がおそらく、不登校初期ごろから低下していったと思われます。
何度か眼科へ行こうと言ったものの病院嫌いな長男はいつも空返事。
私も気にはなっていたのだけど、無理に連れていくことも
したくなかったので何か言ってくることを待っている状態でした。

そして高校へ入学したぐらいから
「コンタクトにしようかな・・・」と”したい”とはっきりは言わず
迷っている感じだったので、「ほうほう そうなのか~」と
私の頭の片隅に置いときながら長男が”行く”という意思を出すまで
待っていました。

そして先月初めごろ「眼科連れて行って」と言ってきたので
眼科へ行き、初めてのコンタクト診察だったので不安だろうと思い
「一緒に診察室へ入ろうか?」というと
「何かあったら呼ぶけ ここに(待合室)おって」とのこと。

すると既にコンタクトをつけて出て来て「違う世界みたい~」と(笑)
どんだけ見えてなかったんじゃい^^;と心の声。

そうこうしていると夕方になり、夕飯を食べに行こうなった矢先
慣れないコンタクトに目が疲れたのか(最初は酔ったらしい)
外してから行きたいと言い出し、外そうとするんだけども
どう外したらよいのか分からず、外すのを試みるのだけど
外れない~~~!と怒り、イライラモード。
だからコンタクトしたくなかったんだ!
もう、次からつけない!のパニックと
外れなかったらどうしようの不安感。

私も傍で、説明書で外しやすい方法を読みあげたり
外しやすい方法を調べたり、こんな外し方、あんな外し方はどうかな?と
言っては見るけど、30分ぐらい格闘するも外せないことにどんどんパニくる長男。
コンタクト経験ない私とあってコンタクトのはめ外し感覚は薄いので
気の利いたことも言えず、、、

まずは落ち着かせようと思い、
「腹が減っては戦は出来ぬ~」ちうことで夕飯へ誘った。
だけど、そんな気になれるわけない!ないと八つ当たりされ
私もお腹空いてたのもありイラッときて

いつものアレっていうやつです(=゚ω゚)ノ

「どうして、取はずし方を詳しく教えてもらわなかったのか」
「今、外さなくてもでもよくない?」
挙句”もう知らん~”と投げやりな態度で放置しだんまりする。

その私とのやり取りに気づいた旦那が
「まだ、外せてないのか?」「帰ってから(夕飯)でいいじゃないか」と
私に便乗してきた。
きっと、私が黙った状態に旦那が反応し長男を威嚇することに
私がGOサインを出したと無意識に旦那が感じている状態だと思われる。

黙ったり無視したり放置、時に空虚感を醸しだすことで

”私の気持ちと我慢を察して動いてね” 

これが私の手法。

そして、長男はこのパターンを何度も経験してきた。

対応も言葉も気持ちも私達両面(攻めと放置)から
喪失感と寂しさを何度味あわせてきてしまったのか・・・
そこが長男の馴染みの感覚なのかもしれない。

だけど、今の私は違う。

これじゃ、いかんと自分の対応に意識を置き
「お腹すいてると、イライラして うまくいかんこともあるよ。
ご飯食べて気持ちをリセットして帰ってまた、挑戦してみるのも
ええんでないか?」とフラットに言ってみた。

「ハア~」とため息交じりの返事で渋々夕飯を食べにでかけた。
食べに行った先は居酒屋さん。
長男「もう、オレ コンタクトやりたくなし・・・」
私「そか~ コンタクト、最初は慣れんけ大変じゃろね~
初めから、簡単には外すの難しいだろしね~   けど、○○(長男)よくコンタクトする
気持ちになったね~それだけでも頑張ったよね!」
と外せないジレンマな気持ちと前進できたことを吹き込んだ。
そのあとは、旦那とバスケ談義しながら会話を楽しんでる様子。

帰宅後、さらに30分ぐらいかけてコンタクト外しに挑んでいた。
少しイライラしてたけど何度も何度も諦めず目を真っ赤に
しながら外す長男を私は最後まで見届け一緒に安堵し
笑い小さく拍手した。

たかがコンタクトだけど長男にとれば かなりの勇気と決意がいったはず。
その気持ちを大事にしたい想いがこの対応に繋げれたと思う。

始めの頃は寮でもつけ外しに少し手間取ったらしいけど
今はコンタクトにも慣れつけ外しもスムーズ^^
華やかな世界を感じれるそうです。

事例的に些細なことだけど、この地道なやり取り
や言葉がけを丁寧に細やかに接することで子供は
見てもらえてる感覚を得て、自力をつけるのだと思います。

この記事、パクリでもあり(笑)抜け道でもあり・・・(≧▽≦)
りんりんさんの記事と重なった私の事例でした~  チャンチャン♪
































スポンサーサイト
この記事のURL | 長男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
卒業式&入学式
2011/04/08(Fri)
 3月中旬 長男の卒業式がありました。

 卒業式は長男の意向で出席せず、一人卒業式をしてもらい照れくさそうに笑で
家に帰ってきました。
 卒業式前から出席しないという長男に私自身が少し凹み気味で、本人のあっけらかんとした表情に
イラっと感じたけど、そこは気持ちを切り替え 長男が決めたことであって”式”(卒業)は長男
のことなんだと、、、
 ただ卒業式や入学式は親の私たちからすると、子供の成長を感じることでもあるし節目という
こともあって出席できたらな~という思いもあったので
「あ~ 長男の卒業式みたかったな~」と言うと
「どんまい!」と???長男。
たぶん”気にするな~”という意味だったのかもしれません。
そんな形式ばった思いは捨ててしまえ~!っと思えた方が楽なのかもしれません


 そして4月6日 中学校入学式がありました。

 中学校ではこれまで一緒にバスケットをやってきた仲間のほとんどが一緒の中学へ入学です。
そういうこともあり、長男は「早く 中学校に行きたい!楽しみだ~」と
ずいぶん前から言っていました。

 言っていた当初、私は半信半疑な気持ちでいたけどこれでは駄目だと思い
自分の気持ちを切り替え”長男を信じる!”ということを心に刻み
「長男の制服姿。。。どんな感じかね~」などと私なりの”言葉の栞”を
そっと言いながらのことでした。

 入学式当日。。。青空が広がりとってもいい天気に恵まれ
私たちより一足早く長男だけ先に登校です。。。
 朝も自分で起き、用意をし下を向くことなく「行ってきま~す」と家をでて足早に^^
そんな姿を微笑ましくて、旦那と顔を合わせ無言の言葉でお互い感じたように思います。

 中学校に着きバスケット仲間の保護者達とお互いの子供の話で盛り上がり
体育館の席で子供たちの入場を待ちわびていました。
 自分の子供だけでなくメンバーの子供たちを見るのも楽しみです。

そして生演奏での入場です。
みんなそれぞれに緊張して少し照れくさそうに
制服姿もまだ着せられてる感たっぷりでの入場です。


 長男が歩く姿をみて胸がジ~ンとなり、今までのことを思い出している私がいました。

学校へ行けなくなった頃のこと、食べることさえできなかった時期、
好きだったバスケットも行けなくなった。
 何が良くて何が悪いのかと決めつけていた自分、、、
あの頃は何もかもが不安の渦の中で彷徨い先の見えない不安と現実を受け入れないでいた。

そして、このことは長男が身体を張って私に教えてくれたこととして
決して忘れてはいけないことなんだと。

 今、ここにいる私は”幸せ”と感じることができた。


 式が終わって写真を撮ろうと長男の腕を組もうとすると拒否られて
これもまた成長したんだな~と親離れを感じる幸せ^^

 今まで、良いにしろ悪いにしろ何か出来事が起きないと不安だったのかもしれない。

‘楽な生き方‘が身につくまではもう少し時間がかかりそうだけど
 
 一緒に見つけながら伝えていけたらな~と思います。

長男へ

 何があろうとも
 私はいつもあなたの味方です。
 そして。。。いつも ここにいるよ。

 卒業&入学 おめでとう♪   母より


 



 












 
この記事のURL | 長男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
感動をありがとう
2011/01/10(Mon)
 冷え込むこの時期は息子達が入部してるバスケクラブの試合が多くあります。

 昨日も長男(6年生)の公式試合の最後となりました。
小1から始めたバスケットを一時期は行けないこともありましたが
今はその挫折を乗り越えながらもここまでやり続けてきとことは
長男の強さを私も見習わなければいけないと思います。

 昨年、自分からキャプテンをしたいと言っていた頃には
キャプテンとは人をまとめること・・・
気持ちの半分はやって欲しくないという気持ちの中に、出来ないんじゃないかとか
また、パニックを起こしたらどうしようとか、長男の気持ち=私の負担だと感じ
それを抱えなければいけないという思いが入り混じって快く背中をポンっと
押すことが出来ずにいました。

 チームメイトからは長男がキャプテンになることを誰も何も言わず
任せてくれ この1年、練習が時間通りに始まらない、チームのまとまりがない、など
でメンバーとのケンカや言い合い等で長男がしっかりまとめることが出来ないことに
苛立ちもありましたが私がセッションを受けながらその辺の切り替えが出来るようになり
長男自身も辞めたいと言ったりメンバーの愚痴も言ったり・・・
 それを聞いても責めることはせず、黙って聞き、なるべく気持ちに寄り添うように心掛けながら
時に母さんだったら。。。と意見も言ったり、、、
 長男もメンバーへ理不尽な事を言ったり態度をとったりしたことは
私にも心当たりがあったりするな~と感じながら そこはまた、私自身を見直す機会が
でき、日常生活において長男にしていることなのかも知れません。

 チームメイトたちにも色んな家族の背景があり、在り方があり
そこでもたくさんのことを感じたり、親の接し方で子供へどれだけの影響力が
あるのかということを実感できました。
それは、多少 プレーにも出るのな・・・とも感じます。
 
 息子達の仲間やその保護者たちに出会ったこと。。。感謝です^^

そんな1年を感じながらの昨日の試合に思いを重ね、ビデオを片手に息子達の
真剣な眼差しで一生懸命にコートを走り回り頑張る子供たちの姿を撮りました~♪
 1試合は思い通りに勝ち、2試合目はたぶん、、、ほとんど勝てないだろうと思える
チームに最後の最後で逆転勝ち!そこにはチーム一丸となって仲間を信じる力とチーム力
を感じビデオを撮ってることも忘れ感動の嵐・・・
一緒に応援に来ていた保護者同士もみんなで抱き合い歓喜の言葉と涙。。。
試合終わって長男が私のところに来た時に「ありがとう~良かったね~」と
自然と長男を思い切り抱きしめていました。

 決勝では負けてしまいましたが負けたことにみんな何も言わず子供たちも笑顔で
やりきったという感じ。

このような感動の場面を与えてくれたことに感謝。。。ありがとう子供たち^^ 


 
 


 






 



この記事のURL | 長男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日の昼ごはん
2010/12/22(Wed)
 息子達が不登校になって私にとり一番厄介な家事、、、昼ごはんを作ること。

 始めの頃、私が作ってやらなければいけない・・・ということが当たり前で学校行ってる時は
お気楽に自分の好きな時間に好きな物を食べていたけどそうはいかなくなった。
息子達が昼間にいることだけでも自分が縛られてるようで窮屈に感じる毎日。

最初は学校の給食時間に合わせたり栄養あるものを・・・と思っていたけど
不登校に慣れた頃、作ることに窮屈度が増していきそれが怒りになり違う場所へ出ていように思う。
 ある時、きんたろうさんに
「今まで、嫌だったことでも今の自分にはプラスになってることもあるんやないの?」
と言われた時、小学生の時から家事を任されてきた自分を思い出しその光景と遭遇しました。
 確かに、あの時面倒くさいと感じながらも作ることが当たり前だったご飯作りは
結婚後、料理を作ることに困ることはなく好きか嫌いかは別として自分なりに手際よく
出来る方だと思える事なのです。
 息子達が生まれる以前は友達をたくさんよんでおもてなしをしたり
息子達が生まれると家族ぐるみで集まりワイワイと夜遅くまで楽しんで
美味しそうに食べてくれる仲間たちもいました。
自分の作った料理を美味しそうに食べてくれると嬉しかった^^
もしかすると、今、私にとって自信持てる事なのかと思います。

 きんたろうさんにそう言われてもらった頃から、
少しずつ息子達に昼ご飯を自分で作っろうね~!と
まずは簡単な卵を炒めたりチャーハンを作ったり、前日のカレーを温めるだけだったり
時にはレンジでチ~ンもあったり^^;(いや、、、ほとんどかも・・・爆)
 お茶づけの時だってあります。
普通に学校行ってる子供達ができないことを経験させるてやることもいいことじゃないかと
思います。家庭科の一環として。。。ね^^
 
 今日は、長男がフライドポテトを食べたいと言ってきたので「母さんも食べた~い!作って~」
とはじめて揚げ物に挑戦してもらいました^^
私にとって何でもないことでも長男にとっては油は飛び散るものだとドキドキ。
長男が見える続き間のリビングで見ながら工程だけ伝えオロオロしながらも
程よい色に揚がったポテトを「やったら、できるじゃ~ん!^^頑張ったね~」
と「おいし~(*^_^*)さすがだね!」といいながら一緒に食べた。
それが今日の私たちの昼ごはん。

 そこには気を使う私も罪悪感を感じる私もいない。
”自分でできることは自分で”という気持ちの中に少しでも違和感を感じるものがあれば
それはコントロールだったり押し付けになるのかもしれない。
思い出や記憶のにある経験や体験したしたことでプラスになったと思えるなら
伝えていってもいいんじゃないかなあと思うのです。

 だけど、夕飯は私が作り味見係は息子たち(外食 多い我が家だけど・・・^^;)
     
 




 


 






この記事のURL | 長男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
修学旅行
2010/11/12(Fri)
 長男は6年生。本当ならば今日から修学旅行です。

だけど長男、、、行きませんでした^^;

 旦那は、一か月前から「行かなくていいのか?」「本当に行かないのか?」と
嫌み気に長男に言っていた。

 私は、「修学旅行といっても行くのは長男だしね~ 行って楽しむのは長男だしさ~
     それよっか、行って楽しまなきゃ、行ってもどうなんだろ~ね~」と旦那に言った。

 旦那は「まあ、それもそうじゃけど、、、」と半分諦め顔。

 それよりも、私がこんな風な思考になれ、完全に全くではないけれどそんなに学校の催し事を
気にならなくなったことは私自身がとても楽になったことです。
 以前は学校行事があるごとになんとな~く息子のことなのに自分の事のように
置いてきぼり感、見捨てられ感でいっぱいで”行って欲しい~””行って欲しかった・・・”
の代わりに「○〇君、頑張ったらしいよ~」とか「どうせ、行きたくないんでしょ?」などと
言ってたな~^^汗


 だ~け~ど(--〆) 
今日、何度も届くケータイ修学旅行先での様子を
保護者に伝えるメールなんだけれども・・・

例えば。。。

”今から学校を出発しま~す。
みんな楽しそうにバスの中は盛り上がってます♪”とか

”今、秋吉台につきました。 子供達は大はしゃぎです。
 思ったより、ポカポカとあたたかく みんな楽しんでます”(ほんの一部です)

って~~(*_*; 
そりゃ、楽しそうに行った子供を持つ保護者はこんなメール送られて来たら
嬉しいだろうけどー
私にとっちゃ 迷惑?!イヤ、、、落ち込んじゃうよ~
襲ってくる見捨てられた感や疎外感、、、なんだろうな~

っで、以前の私ならこの友達が楽しそうにしてるメールを長男に当てつけのように
見せていたのかもしれない・・・

しかし! ここは、私が落ち込むとこではないんだよなぁ。
だって、長男が行きたくない 行かない と決めたんだもんね。
とワンコ達の散歩で気持ちを切り替えた。





 でもね、、、やっぱり行かせて上げたいって思う親心が本音のところなのです。





 
 



 
 
この記事のURL | 長男 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。